【選挙】若狭勝弁護士、自民比例で出馬 

熱海市にも自宅を持つ元東京地検特捜部副部長の弁護士、若狭勝さん(57)が、衆院選の比例東京に自民党の公認候補として立候補することが30日、明らかになった。党本部が、昨年の参院選に比例で出馬し次点で落選した若狭さんに、今回の衆院解散後に出馬を打診。若狭さんが受諾した。事務所は構えず、街頭演説などもしないという。
参院選で次点の若狭さんは、改選の5年後までに自民現職に欠員が出ると繰り上げ当選する権利を持つ。総務省選挙課によると、権利は、仮に今回当選して、衆院議員になっても失われず、欠員が出た際に参院を選ぶことが可能という。

◇若狭勝さんの話 衆院議員になったらしゃかりきに頑張りますが、じっくり取り組める参院の方が向いていると思う。現時点では、繰り上げ当選の権利を得たら参院に移る気持ちの方が強い。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る