【市政】予算案など全39案件を可決 2月定例会最終本会議

 

熱海市議会は14日、2月定例会最終本会議を開き、183億8100万円の平成26年度一般会計予算など39件を可決、承認して閉会した。

追加上程された、任期満了を迎える教育委員に代わって新たに若井浩氏(53)=熱海市泉、会社役員=を任命する案にも同意した。

また、昨年11月議定例会で否決した「駅前広場条例の一部改正案」と、11月定例会に上程されたものの、市が最終日に取り下げた「姫の沢公園と姫の沢自然の家の指定管理者指定について」も可決した。

(熱海ネット新聞)

 

議会

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-15

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 ともに無症状、50歳代男性と高齢者

    静岡県は1月15日、熱海市に住む50歳代男性と高齢者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感染…
  2. 2021-1-15

    あたみ桜の蜜を求め、メジロが飛来 「糸川桜まつり」開幕から1週間 

    熱海市は1月13日現在のあたみ桜の開花状況を発表した。「あたみ桜糸川桜まつり」(〜2月7日…
  3. 2021-1-14

    富士山も祝福 熱海富士、寄り倒しで2勝目 熱海市の滝知山展望台が名所に  

    大相撲初場所は1月14日、東京・両国国技館で5日目の取組が行われ、熱海市出身で東序ノ口25…
  4. 2021-1-14

    熱海市で5人のコロナ感染確認 3人は未成年者、2人は高齢でない成人

    静岡県は1月14日、熱海市に住む5人の新型コロナウイルス感染を新たに確認した、と発表した。このうち…
ページ上部へ戻る