【社会】沼津方面から熱海へのアクセス向上 東駿河湾環状道2月11日開通

国土交通省沼津河川国道事務所は12日、東名・新東名高速道路から伊豆方面へのアクセス道となる東駿河湾環状道路(沼津市-函南町)が来年2月11日に開通すると発表した。沼津方面から熱海方面への移動時間短縮や頻発する交通渋滞の緩和が期待される。

今回開通するのは三島塚原インターチェンジ(IC)-函南塚本IC間の6・8キロ。東名高速道路沼津ICから伊豆中央道までを結び、伊豆市の天城北道路大平ICまでは14分短縮されて30分で行けるようになる。沼津ICから国道1号や136号などを使う場合に比べると26分短くできるという。

地図

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-20

    満天の星空の下で映画鑑賞会 姫の沢公園・スポーツ広場で初開催 

    星空の下で映画を楽しむ野外上映会が9月19日夜、熱海市の姫の沢公園・スポーツ広場で開かれ、…
  2. 2020-9-20

    【お悔やみ】工藤尚志さん(熱海市網代)9月18日死去

    工藤尚志さん(くどう・なおし)9月18日死去、92歳。熱海市網代。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
  3. 2020-9-19

    今夜、「ブラタモリ熱海編」アンコール放送 NHK総合で午後7時半から

    NHK総合で今夜(9月19日)午後7時30分から「ブラタモリ熱海編」(初回放送2016年1月16日…
  4. 2020-9-19

    熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

    熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静…
ページ上部へ戻る