【社会】沼津方面から熱海へのアクセス向上 東駿河湾環状道2月11日開通

国土交通省沼津河川国道事務所は12日、東名・新東名高速道路から伊豆方面へのアクセス道となる東駿河湾環状道路(沼津市-函南町)が来年2月11日に開通すると発表した。沼津方面から熱海方面への移動時間短縮や頻発する交通渋滞の緩和が期待される。

今回開通するのは三島塚原インターチェンジ(IC)-函南塚本IC間の6・8キロ。東名高速道路沼津ICから伊豆中央道までを結び、伊豆市の天城北道路大平ICまでは14分短縮されて30分で行けるようになる。沼津ICから国道1号や136号などを使う場合に比べると26分短くできるという。

地図

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  2. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
  3. 2021-7-23

    熱海市で新たに未成年の男性がコロナ感染 感染経路は不明

    静岡県は7月23日、熱海市に住む未成年男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。市146…
  4. 2021-7-23

    伊豆山温泉、8月20、21日の夏季花火大会も中止 土石流の影響で

    熱海市と伊豆山温泉旅館組合、伊豆山温泉観光協会は8月20、21日に開催を予定していた「伊豆山温泉さ…
ページ上部へ戻る