昨年度の年間宿泊客は15.7%増の285万人

静岡県は29日、2012年度(平成24年)の観光交流客数(速報値)を発表した。

それによると熱海市の昨年度の宿泊客数は285万4874人(前年度比15.7%増)で、観光レクレーション客数(観光施設やイベントなどの来場者数)は277万6632人(同4.0%増)。両方を合わせた観光交流客数は563万1506人(同9.6%増)となり、

2年前の東日本大震災からの完全回復が数字に表れている。

 

熱海市の年間宿泊者数のピークは1968年(昭和43年)の550万人。当時とは比べようもないが、いまでも人口3万9207人(7月末現在)の小都市に1日平均7800人の宿泊者を含め、1万5400人超の来訪者が続いていることが分かる。。

 

同時にこれだけ市外からの来訪客が多いことから、環境美化やサービス、ゴミ処理などの費用がかさみ、市の財政がひっ迫するのもうなずける形となった。

 

海上花火大会の観客

海上花火大会の観客

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    65歳以上の「お達者度」、県内の男性伸び率トップは熱海市 静岡県が公表  

    静岡県は65歳を過ぎて要介護度2以上にならず、健康に過ごせる期間を算出した2017年の「お達者度」…
  2. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
  3. 2020-9-18

    菅内閣、国土交通副大臣に岩井茂樹氏 内閣府副大臣と復興副大臣を兼務

    政府は9月18日の閣議で、菅内閣発足に伴う副大臣と政務官の人事を決めた。副大臣人事では、国土交通副…
  4. 2020-9-18

    熱海市民向け宿泊プラン 神奈川・静岡県民も対象に 宿泊5千円補助

    川口健市議 熱海市は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急経済対策として独自に実施していた…
ページ上部へ戻る