昨年度の年間宿泊客は15.7%増の285万人

静岡県は29日、2012年度(平成24年)の観光交流客数(速報値)を発表した。

それによると熱海市の昨年度の宿泊客数は285万4874人(前年度比15.7%増)で、観光レクレーション客数(観光施設やイベントなどの来場者数)は277万6632人(同4.0%増)。両方を合わせた観光交流客数は563万1506人(同9.6%増)となり、

2年前の東日本大震災からの完全回復が数字に表れている。

 

熱海市の年間宿泊者数のピークは1968年(昭和43年)の550万人。当時とは比べようもないが、いまでも人口3万9207人(7月末現在)の小都市に1日平均7800人の宿泊者を含め、1万5400人超の来訪者が続いていることが分かる。。

 

同時にこれだけ市外からの来訪客が多いことから、環境美化やサービス、ゴミ処理などの費用がかさみ、市の財政がひっ迫するのもうなずける形となった。

 

海上花火大会の観客

海上花火大会の観客

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
  2. 2017-8-21

    【観光】頼朝公の武運にあやかれ! 伊豆山温泉で「さざえ祭り」開幕 

    伊豆山温泉の夏の風物詩「さざえ祭り&花火大会」が8月21日始まり、最後の…
  3. 2017-8-21

    【観光】残り少ない夏休み満喫、3万5千人が夜空見上げる 人、ヒト、ひと

    夏季熱海海上花火大会の第6弾が8月20日、熱海湾であり、3万5千人の人出でにぎわった。熱海サンビ…
  4. 2017-8-20

    【編集室】来春から「DCキャンペーン」スタート、ガイドの養成も着々

    熱海市は8月19日、まち歩きガイド養成講座(全8回)の実地研修を行った。「熱…
ページ上部へ戻る