【経済】マスターズ水泳が開幕 マリンスパあたみ

 

「日本マスターズ水泳短水路熱海会場」(日本マスターズ水泳協会主催)が24日、マリンスパあたみで開幕。25日までの2日間にわたり、282チーム、1146選手が参加して26競技のタイムを競う。大会期間中に応援団、家族も合わせ4000人の関係者が宿泊、熱海に多大な経済効果をもたらせた。
熱海からも20人が46種目にエントリー、「チームマリンスパ」として出場。

 

(熱海ネット新聞)

 

◇日本マスターズ水泳短水路
18~24歳、25歳からは5歳ごとに区分した年齢別でタイムを競う。登録者は4万7317人。毎年80~90の公式・公認競技会を開催、延べ14万人が出場。短水路は25mプールを使用。熱海では2010年から開催。

 

 

DSCN3333

市長あいさつ

掲示版

 

外

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-6-29

    伊豆山土石流 齋藤市長「行政に不備があった」遺族に初めて謝罪

    熱海市伊豆山の土石流災害の発生から来月3日で1年を迎えるのを前に齋藤栄市長が6月27日夜、被災者や遺…
  2. 2022-6-27

    大相撲 熱海富士、東十両6枚目に=名古屋場所番付発表

    日本相撲協会は6月27日、大相撲名古屋場所(7月10日初日・ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表した…
  3. 2022-6-27

    自民・勝俣衆院議員、熱海駅で上田候補(公明比例)の応援演説

    自民党の勝俣孝明衆院議員(静岡6区)は6月27日、JR熱海駅前で開かれた参院選比例区の上田い…
  4. 2022-6-24

    新組合長に小笠原亜紀子さん(芸名美保)、熱海芸妓置屋連合組合

    熱海市内の芸妓置屋でつくる熱海芸妓置屋連合組合は6月23日、熱海芸妓見番で2022年総会を開き、22…
ページ上部へ戻る