【花情報】幸運の桜、「坂町の寺桜」が見ごろ 熱海に春到来

ホテル貫一前(道路向かい)にある「坂町の寺桜」が見ごろに入り、熱海を訪れた観光客や市民に本格的な春の到来を感じさせている。見事な一本ザクラは樹齢およそ140年の大寒桜で、この場所がかつて医王寺の境内であったことから「寺桜」と呼ばれ、「坂町」は当時の地名に由来する。
昭和19年の「本町大火」、昭和25年の「熱海大火」の2度の大火を生き抜いたことから「幸運の桜」としても知られる。例年より10日ほど早い3月初旬に満開となる。
熱海梅園入口近くの小形タクシー駐車場では、一足先に満開を迎え、梅まつりに訪れる行楽客をもてなしている。

IMG_4302pss

IMG_7168ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  2. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  3. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  4. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
ページ上部へ戻る