熱海高校前のヒマラヤザクラの原木、見頃に 南熱海は日本最速で春景色

南熱海の各所で冬に花を付ける早咲きの桜で知られるヒマラヤザクラが次々に咲き始め、季節外れの春の雰囲気を醸し出している。この桜は1968年に原産地ネパールのビレンドラ元国王(当時は皇太子)から桜の種を贈られ、市が丹精込めて日本一早咲きの桜に育ててきた。原木は熱海高校前の傾斜地にあり、多賀湾を見下ろすように可憐な淡いピンクの花が無数に咲きせ、見頃を迎えている。

市はこの木から増やしたヒマラヤザクラを長浜海浜公園、渚親水公園、多賀中学校、月見ヶ丘公園(網代)などに植栽。15年かけて整備した伊豆多賀駅近くの「さくらの名所散策路」(愛称・四季の道)でも季節外れの春の雰囲気を醸し出し、新たな観光名所になるつつある。この時期に桜と紅葉をともに楽しめるのは熱海だけ。深まる秋と日本一早い風情を同時に楽しめる。
(熱海ネット新聞)
11月14日撮影

県立熱海高付近のヒマラヤザクラの原木 11月14日

■市内のヒマラヤザクラ 県立熱海高付近の傾斜地(1本=親木)、渚親水公園(2本)、多賀中学校体育館脇(2本)、さくらの名所散策路(14本)、長浜海浜公園(29本)、月見ヶ丘公園(1本)=計49本

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  2. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  3. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  4. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
ページ上部へ戻る