【イベント】常夏の長浜海浜公園でフラダンスショー ながはま特設市

 

多賀観光協会主催の「ながはま特設市」が23日までの3日間、熱海市の長浜海浜公園で開かれた。初夏を思わせる青空に恵まれた最終日は地元の保養所「シーサイドいずたが」の関係者がハワイアンを演奏。毎年夏に当地で開催される「南熱海ケイキフラフェスティバル」にも出場する協会専属のダンサーなど15人が自慢のフラを披露し、会場を盛り上げた。

 
特設市では地元の農産物や魚介類の販売、、フリーマーケットもあり、多くの市民や観光客でにぎわった。

 

地域物産ゾーンでは、特産のデコポン、ポンカン、ハッサクなどのかんきつ類や海産物が販売され、サザエのつぼ焼き、シラスまん、干物、網代イカメンチなどの屋台も並んだ。

次回の特設市は4月5、6日に開かれる。

(熱海ネット新聞)

 

ハワイアン多賀

【写真】谷口仁志さん撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る