【市政】市内6観光協会と振興公社が合併して「あたみ観光局」 来年4月発足

熱海市の斉藤栄市長は29日、市議会11月定例会初日本会議で熱海市振興公社と熱海市観光協会の合併に関して、新法人の定款の作成や合併契約締結などの準備を進めていることを明らかにした。合併契約は今月14日に締結。合併後の名称は「一般財団法人あたみ観光局」。2014年4月1日の新法人設立を目指すという。

熱海市内6地区の観光協会などは連絡協議会をつくり、市振興公社を含めた一体化組織設立のための協議を進めていた。設立後の新法人に伊豆湯河原温泉、伊豆山温泉、同市多賀、網代温泉の各観光協会と初島区事業協同組合が加わる。

斉藤市長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-4-19

    【編集室】チューリップ10万球が見頃、市民入場無料デー開催中/アカオガーデン

    熱海市のホテルニューアカオが運営する「アカオハーブ&ローズガーデン」(赤尾宣長社長)は、4月16…
  2. 2018-4-19

    【熱海の花】絶景を眺望 鮮やか、ツツジが満開/MOA美術館「水晶殿」

    熱海駅近くの高台にある桃山で白やピンク、赤などの色とりどりのツツジが見ごろを見迎えている。M…
  3. 2018-4-19

    伊豆半島「世界ジオパーク」認定、ジオリアで記念式典 知事、15市町の首長が参加

    静岡県と伊豆半島ジオパーク推進協議会は4月18日、伊豆市にある展示施設「ジオリア」で「世界ジオパーク…
  4. 2018-4-18

    世界から1156本の応募 レッドカーペットは救世会館/熱海国際映画祭

    熱海国際映画祭実行委員会は4月17日、熱海市役所で記者会見し、市内で初開催する同映画祭(6月28日~…
ページ上部へ戻る