【市政】市内6観光協会と振興公社が合併して「あたみ観光局」 来年4月発足

熱海市の斉藤栄市長は29日、市議会11月定例会初日本会議で熱海市振興公社と熱海市観光協会の合併に関して、新法人の定款の作成や合併契約締結などの準備を進めていることを明らかにした。合併契約は今月14日に締結。合併後の名称は「一般財団法人あたみ観光局」。2014年4月1日の新法人設立を目指すという。

熱海市内6地区の観光協会などは連絡協議会をつくり、市振興公社を含めた一体化組織設立のための協議を進めていた。設立後の新法人に伊豆湯河原温泉、伊豆山温泉、同市多賀、網代温泉の各観光協会と初島区事業協同組合が加わる。

斉藤市長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-13

    行動制限のないお盆休み 多賀ビーチで花火大会とビアガーデンが復活

    熱海市の長浜海浜公園で8月12日夜、「伊豆多賀温泉海上花火大会」(多賀観光協会主催)が開催さ…
  2. 2022-8-13

    農水副大臣に勝俣孝明氏 第2次岸田改造内閣 伊豆山港の復興に注力

    政府は8月12日午前の臨時閣議で、第2次岸田改造内閣発足に伴う副大臣26人と政務官28人の人事を決め…
  3. 2022-8-10

    故 川口市雄前熱海市長へに従五位を伝達 下多賀の自宅で遺族に

    5月28日に肺炎のため85歳で亡くなった前熱海市長の川口市雄(かわぐち•いちお)氏に従五位が伝達され…
  4. 2022-8-10

    ビーチで手持ち花火を楽しんで! 熱海・長浜海水浴場に「特設会場」

    熱海市の多賀観光協会は長浜海水浴場に手持ち花火用の「花火広場」を設置、無料で開放している。1…
ページ上部へ戻る