【市政】市役所でクールビズ始まる 税務課もクールに「債権の差押」

「クールビズ」が7日から熱海市役所で始まり、職員たちはネクタイを外したり上着を脱いだりして業務にあたっている。以前は6月から始めていたが、東日本大震災以降、節電への意識の高まり、1カ月前倒しした。市は室内の照明の数を減らしたり、冷房の温度を28度に設定したりして、夏場の節電に取り組むという。

 

1階フロアの税務課の職員たちもネクタイを外したり上着を脱いだりして、債権の回収や財産の差し押さえといった問題にもクールに対処。

市税の収納状況が依然として厳しいことから、12日から21日までの土曜・日曜を含む10日間、悪質滞納者、現年課税分が滞納繰越してしまう恐れがある人を対象に「市税等特別滞納整理」を実施する。税務課(債権回収室)職員13人(臨時職員も含む)が、訪問・電話等で催告を行い、債権(預金・生命保険・売掛金・不動産収入等)を差し押さえるという。

平成25年度分の滞納対象件数は7858件で約5億4000万円。

(熱海ネット新聞)

 

納税回収

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  2. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
  3. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  4. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
ページ上部へ戻る