【コラム】市振興公社との合併契約の解除は承認 されど大きな禍根…熱海市観光協会

 

熱海市観光協会は17日、市内のホテルで臨時社員総会を開き、2月28日の臨時理事会で決めた「熱海市振興公社との合併契約の解除」を全会一致で承認した。

 

市観光協会と公社は熱海市が音頭をとって合併し、「あたみ観光局」を設立するための契約を取り交わし、合併後に市内の他の観光協会を加えて組織の一本化を目指していた。しかし、昨年の11月定例会で議会から「市幹部の新たな天下りポストを設けるだけだ」「公社の顔が見えない、責任説明を果たしていない」などの反対意見が噴出、承認を得られなかったことから、市は今年2月に合併を断念した経緯がある。

 

ともあれ、この日の総会で破断が確定したわけだが、大きな溝ができた。市はこの合併にあたり、準備金として2年前から1400万円を市協会側に給付していたのだが、今回の破談に伴い、返還を求めているからだ。今年度の観光予算を2%カットしたのを手始めに、今後数年間の補助金から返済させる方針。これに対し、市協会側は「自立化の糧(かて)として自由にお使い下さい、と勝手に給付しておきながら、合併を取りやめたから早い期間に返せとは…」「この際、1400万円を突き返して責任の所在をただすべき」といった声が上がっており、禍根を残した。

(編集主幹・松本洋二)

 

打田空席2

糸川あたみ桜まつりで

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    市長も愕然 昨年の熱海市の宿泊客数、40%減の185万人 過去最低を記録

    熱海市は2月25日、昨年(2020年)の年間宿泊客数が185万6884人だったと発表した。前年比で…
  2. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  3. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減か コロナの影響で過去最低の200万人割れ必至

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(311万9千人)より…
  4. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
ページ上部へ戻る