【市政】昨年の火災は14件で死者2名 「消防出初め式」で防災意識高める

熱海市は7日、渚親水公園レインボーデッキで、熱海市消防本部(中島博消防長)、熱海市消防団(牧野克昭消防団長)の職員と消防団員、観光協会関係者など600人が参加して平成26年消防出初め式を行った。

勝俣孝明衆院議員、橋本一実県議など約50人の来賓が見守る中、観閲者の斉藤栄市長が整列した部隊を検閲。長年にわたり地域消防に貢献してきた消防団員や民間協力者に感謝状を授与した。

式典終了後は、富士保育園幼年消防クラブを先頭に熱海銀座通りをパレードし、ムーンテラスで海上へ向けた一斉放水などを実施して防災意識を高めた。

◇中島博消防長の式辞

「昨年の(熱海市の)火災件数は14件で、2名の尊い命が失われた。救急件数は3263件で、救急業務開始以来の記録的な件数。主な要因は、高齢化社会の進展に伴うもので、10万人都市に相当する出動件数となっている。このことを踏まえ福祉並びに関係機関と協働し、高齢者対策、住宅用火災警報器の設置促進を図っていきたい」

幼年消防団

銀座行進

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-11-20

    次は富裕層のスーパーヨット誘致、熱海港を差別化/藤曲県議が県政報告

    11月20日の県政報告会の中で、藤曲敬宏県議はこの3年半余りを振り返り、「政治を実現するには、いかに…
  2. 2018-11-20

    ゲストに橋本聖子参院議員会長、藤曲県議の県政報告会に450人

    熱海市選出の藤曲敬宏県議会議員=自民=の県政報告会が11月20日夜、熱海市のホテル大野屋瑞雲…
  3. 2018-11-20

    渡邉彩香、6年ぶりにシード喪失 今季国内女子ツアー55位確定

    国内女子ゴルフの「大王製紙エリエールレディスオープン」が11月8日までの4日間、 愛媛県のエリエール…
  4. 2018-11-20

    2019年度厄年奉賛会、名称は「伊豆山巳午友志童會」/伊豆山神社

    伊豆山神社の2019年度厄年奉賛会の設立総会がこのほど、同神社社務所で開かれ、厄年奉仕者や原嘉孝宮司…
ページ上部へ戻る