断水の熱海梅園で「アート・クラフトフェス」 全国のクラフト作家が支援

「熱海芸術祭」の一環で「アート・クラフトフェスティバル」(実行委員会主催)が10月18日、熱海梅園で始まった。今年は台風19号の影響で同園が断水エリアにあるのと、全国からエントリーした作家の中に被災した地域の人がいることから、開催が危ぶまれたが、予定通りに開催した。60ブースのうち、出店を取りやめたのは浸水被害のあった長野県千曲川周辺や河川が氾濫した東北地方の作家など9ブースにとどまり、南は兵庫、北は岩手県までのクラフト作家が個人や合同で51のブースを出店した。
会場では、木工、陶芸、手芸、ガラス工芸、布染め物、アクセサリー、藍染め、ニットなどの手作り作品が並べ、中には、懐かしい鉄砲や名前ブローチの針金細工のお店もあり、来園者は作家と会話を交わしながら品定めし、ゆったりと買い物を楽しんでいる。7回目の開催となる今年は若手アーティスト12人によるギターやピアノの弾き語りや、山田屋の熱海おでんなど飲食店の出店もある。20日まで。
(熱海ネット新聞)
■守田昌利実行委員長 断水でトイレが使えず、中止も検討したが、熱海と伊東の建設会社に依頼して仮設トイレを4つ設置できた。作家の皆さんもメディアの報道で熱海の水事情を知っており、自宅を出る際に給水用ポリタンクに水を入れて用意するなど、資材を持ち寄っていただいている。参加できなかった作家さんの作品を楽しみにしていたファンの人たちには大変申し訳ないが、天気の回復する日曜日には新たに参加を申し出た近隣の作家もおり、芸術の秋を満喫していただきたい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-5-18

    熱海土石流 58億円賠償求める裁判始まる 前・現所有者側争う姿勢

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した土石流災害をめぐり、崩落した盛り土のあった土地の前・現所有者ら8人と…
  2. 2022-5-18

    難波副知事「行政の対応不十分、深く反省」 熱海土石流の第三者委報告で

    熱海市伊豆山で昨年7月に発生した大規模土石流に関する静岡県の第三者委員会が、「最悪の事態の想定をでき…
  3. 2022-5-16

    十両2場所目の熱海富士、勝ち越し王手 7勝2敗で首位に

    大相撲夏場所(東京・両国国技館)9日目の5月16日、十両2場所目の熱海富士(19、伊勢ヶ濱)は、島津…
  4. 2022-5-16

    渡邊彩香、ミセスでもV  高橋彩華とのプレーオフ制し通算5勝目

    女子ゴルフの「ほけんの窓口レディース」最終日が5月15日、福岡県・福岡CC和白(6299ヤード、パー…
ページ上部へ戻る