【経済】温泉熱の活用で新エネルギー推進を提言 熱海JC

熱海青年会議所(熱海JC)の金沢正男理事長は9日、熱海市の斉藤栄市長を訪ね、「新エネルギーの活用・普及に関する提言書」を手渡した。熱海市の特性を生かして「温泉熱による熱交換」と「小水力発電」をエネルギー施策の一つとして取り入れるよう呼び掛ける内容。

 

同会議所は今年5月、茨城大学農学部地域環境科学科の小林久教授を講師に招き、熱海市の温泉や地熱発電等の可能性についての勉強会を開き、市内ですでに稼働している温泉熱利用システムを調査している。「小水力発電」についても市内の小水力発電所設置候補地の視察・検証を行ったり、山梨県都留市の水力発電所を見学したりしている。

jc

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  2. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  3. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
  4. 2021-1-23

    齋藤栄市長、県内35市町を代表して知事に緊急事態宣言を要望 知事は難色

    英国で流行している新型コロナの変異ウイルスが静岡県内で確認されたことを受け、県市長会の会長を務める…
ページ上部へ戻る