【経済】温泉熱の活用で新エネルギー推進を提言 熱海JC

熱海青年会議所(熱海JC)の金沢正男理事長は9日、熱海市の斉藤栄市長を訪ね、「新エネルギーの活用・普及に関する提言書」を手渡した。熱海市の特性を生かして「温泉熱による熱交換」と「小水力発電」をエネルギー施策の一つとして取り入れるよう呼び掛ける内容。

 

同会議所は今年5月、茨城大学農学部地域環境科学科の小林久教授を講師に招き、熱海市の温泉や地熱発電等の可能性についての勉強会を開き、市内ですでに稼働している温泉熱利用システムを調査している。「小水力発電」についても市内の小水力発電所設置候補地の視察・検証を行ったり、山梨県都留市の水力発電所を見学したりしている。

jc

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-29

    国道135号線、26日ぶりに開通 神奈川県境と熱海市間 伊豆山土石流で

    今月3日に起きた熱海市伊豆山の土石流災害で神奈川県境と熱海市東海岸区間の一部が不通になった国道13…
  2. 2021-7-29

    Jリーガーが支援の輪 土石流被災の子供たちに応援リュックサック届く 

    土石流で大きな被害を受けた熱海市の伊豆山地区の子どもたちを元気づけようと、熱海市伊豆山の介護ケアタ…
  3. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
ページ上部へ戻る