【経済】熱海の景気回復急ピッチ 1月から10月までの入湯税課税人員6・3%増

熱海市は2013年10月の入湯税課税状況をまとめた。課税者数(宿泊者数)は旅館・ホテルと寮・保養所を合わせた302施設で21万2724人と前年同月比で1万3648人、6・86%の増加。旅館・ホテルが9・51%増え、寮・保養所は8・64%減少した。

課税額(宿泊と休憩の合計)は3239万8800円(前年同月比6・93%増)。地区別で見ると、熱海1・50%増、伊豆山44・11%増、泉0・9%減、南熱海2・56%増だった。

昨年1月から10月までの入湯税課税人員は前年比で6.3%増加しており、市はこれを「熱海の景気回復の根拠」としている。

入口

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る