【市政】金森和道後援会が事務所開き

4月の熱海市議選に立候補を表明している現職・金森和道氏(58)の後援会は29日、市内桜町で事務所開きを行った。
事務所開き式続いて開いた決起集会では、山本恵一郎後援会長が「西部地区は候補者が多数出て大変厳しい戦いが予想される。是が非でも金森和道さんを市議会に」と熱い支持を訴えた。

第二小学校で同級生だった藤本祐司元内閣府副大臣(民主党・参議院議員)も応援に駆け付け、「斉藤市長や橋本県議、金森さんたちが頑張り、熱海は熱く、元気になってきている。しかし、統一地方選では大激戦が予想される。橋本さんを県議会に、金森さんを市議会に送り込んでいただきたい」と続けた。斎藤栄市長、橋本一実県議も激励のあいさつをした。
3期目を目指す金森氏は「観光、経済子育て支援、高齢者対策など市民の暮らしに役立つことをしっかりやっていきたい」と話した。

市長 だるま 本人あいさつ 事務所

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    人気ユーチューバー佐藤ひとみさん、熱海市に30万円寄付 愛のサークルリンク

    コロナ禍などによる生活困窮者の食糧支援に取り組む一般財団法人愛のサークルリンク(佐藤ひとみ代表)は…
  2. 2021-1-18

    熱海市で高齢者男性1人がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は1月18日、熱海市に住む高齢の男性(熱海市83例目、県3876例目)の新型コロナウイルス感…
  3. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  4. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
ページ上部へ戻る