落選の泉明寺氏「悔いはない」 今後の政治活動は「力を付けて再挑戦」

9月11日午後10時半過ぎ、熱海市清水町の泉明寺みずほ氏(51)の事務所に「齋藤氏当選確実」の情報が流れると、開票を見守っていた支援者からため息が漏れた。泉明寺氏は「私の決断が遅く、知名度の差が出た。当初、ほかにもっといい候補がいると考えたが、現職の支持率が80%という事前調査が出て誰も手を挙げず、現職の無投票当選を阻止するために立候補した。敗れはしたが、精一杯、真実と正義を持って戦えきたので悔いはない」と敗戦の弁を述べ、支援者に頭を下げた。

選挙戦では伊豆山土石流災害の被害を拡大させた現職の責任追及や通り一遍な被災者や遺族への対応などを批判。「市長の多選により市政が停滞している。責任を受け止められない方に次の4年のかじ取りを任せることはできない」と訴え、「前を向こう熱海」をキャッチフレーズに「市の飛躍はトップが変わる時」と市政の刷新を呼びかけた。しかし、投票率が44・33%と過去最低となり、新風を取り込めなかった。
今後の政治活動については「何らかの形で熱海市の市政に関わっていきたい。挑戦することも私の選択肢の1つ」と述べるにとどめた。来春の統一地方選にチャレンジし、力を付けて次の市長選でリベンジすることも視野に入れている。
(熱海ネット新聞)

■中村光央後援会長(元静岡県弁護士会長) 市民の安全、生命を守れない市長は失格だ。これだけ批判票があったということを真摯に受け止めてほしい。泉明寺氏が次回市長選に出るなどうかはわからないが、出馬するのなら、今度は地元の有力者を後援会長にたて、盤石の体制で戦ってほしい。

9708 齋藤 栄(59) 無現
3915 泉明寺みずほ(51) 無新
※当日有権者数3万1220人=投票総数1万3840人▽有効1万3623▽無効217

関連記事

コメント

    • 熱海っこ
    • 2022年 9月 23日

    現職の支持率が8割という中での出馬、とても勇気がありました。再選が続き、無投票当選というのは地方自治にとって望ましいことではありません。市民が思考をやめてしまわないように、活動を続けてください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る