【市政】 採択基準の曖昧さを一掃 熱海市が奨学金貸付制度を見直し

熱海市は25日の市議会総務福祉委員会で奨学金貸付制度を見直し、採択基準を明確化する方針を明らかにした。申請資格が「経済的理由により就学が困難な者」と採択基準が明確でなく、平成26年度は30人が申請し、10人が不採用になった。市民から「判断基準が曖昧」という意見があり、所得は父母の世帯所得の合算が300万円以下(扶養こども1人の場合)、成績は「大学進学原則3・3以上、高校進学原則3・0(ともに5段階評価)などと明確にした。家族の中に要介護者がいたり、親が失業中などという家庭の事情も考慮するという。
◆奨学金 大学進学の場合、入学一時金50万円以内、月額4万4千円以内を貸与。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-11

    熱海で今年最高の34・6度  海の涼求め、首都圏からの車列続く

    高気圧に覆われた影響で、8月11日の熱海市は日差しが強まり、網代で午後1時37分に今年の最高気温と…
  2. 2020-8-11

    熱海・伊豆多賀海上花火大会、12日午後8時20分〜長浜海浜公園

    熱海市の多賀観光協会は8月12日、長浜海浜公園で伊豆多賀海上花火大会を開催する。時間は午後8時20…
  3. 2020-8-10

    網代温泉海水浴場 お盆休みの「密」避け、夏楽しむ 隠れた人気スポット

    熱海市にある3つの海水浴場の一つ、網代温泉水浴場でも8月9日、混雑のピークを迎えた。網代温泉が隆盛…
  4. 2020-8-10

    長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

    お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今…
ページ上部へ戻る