【文化】初代「お宮の松」で作った「貫一」「お宮」のこけしを展示 起雲閣

3月末で閉校した熱海市立小嵐中に45年間展示されていた「貫一」と「お宮」のこけし人形が18日、起雲閣に贈呈され、尾崎紅葉にゆかり深い「紅葉の間」に展示した。

このこけしは、現在の2代目お宮の松誕生後の1968年に市制30周年を記念し、初代のオリジナル松を使って神奈川県の「碧牛洞」が制作したもので、そのうち11対が熱海市内の小中学校に贈られた。高さは貫一が42センチ、お宮が40センチ。
紅葉の小説「金色夜叉(やしゃ)」に登場する男女を模しており、現存するのは13対。

三田光行教育長が起雲閣を訪れ、中島美江館長に説明板とともに手渡した。

(熱海ネット新聞)

 

kokesi

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-11-20

    ゲストに橋本聖子参院議員会長、藤曲県議の県政報告会に450人

    熱海市選出の藤曲敬宏県議会議員=自民=の県政報告会が11月20日夜、熱海市のホテル大野屋瑞雲…
  2. 2018-11-20

    渡邉彩香、6年ぶりにシード喪失 今季国内女子ツアー55位確定

    国内女子ゴルフの「大王製紙エリエールレディスオープン」が11月8日までの4日間、 愛媛県のエリエール…
  3. 2018-11-20

    2019年度厄年奉賛会、名称は「伊豆山巳午友志童會」/伊豆山神社

    伊豆山神社の2019年度厄年奉賛会の設立総会がこのほど、同神社社務所で開かれ、厄年奉仕者や原嘉孝宮司…
  4. 2018-11-19

    おさかなフェスティバル、雨に泣く 2日間で6千人 前年より6割減

    熱海市観光協会は11月19日、「熱海おさかなフェスティバル」(11月3、4日)の人出をまとめ、発表し…
ページ上部へ戻る