【社寺】古儀にのっとり鎮火祭、今年1年の無火災を祈る/伊豆山神社







「火伏せの神」として知られる伊豆山神社で1月15日、伝統行事「鎮火祭(ひしずめのまつり)」が厳かに執り行われた。熱海市消防本部、消防団、伊豆山纏(まとい)会、地元町内会など約40人が参列し、今年一年火災が起きないように願った。神事に続いて伝統行事「火鎮めの儀」があり、大鳥居素(おおとりい・もとむ)禰宜(ねぎ)が神前から移した火でまきに火を付けると音を立てて燃え上がった。参列者は焚かれた炎を前に祝詞を聞き、安全を祈願。火が小さくなると古儀にのっとり水、塩を混ぜた砂、海藻を順にかけて火を消し、火伏せと魔除けを祈願した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■火鎮めの儀 伊豆山神社の祭神「正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊(まさやあかつかつはやひあめのおしほみみのみこと)」が、火と水をつかさどる神であることから、毎年1月15日に行う同神社の伝統行事。


牧野克昭消防団長


土屋千秋消防長


伊豆山纏(まとい)会・高橋幸雄会長(市議)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  2. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
  3. 2023-1-27

    熱海梅園の梅、早咲き種が4・26分咲き 例年より10日早く見頃に

    この冬一番の強い寒気が流れこみ、全国的に気温が低下するなか、「梅まつり」開催中の熱海梅園で早…
  4. 2023-1-27

    「あたみ桜」糸川遊歩道をピンクに染める 梅園前市道は満開ピーク

    熱海市は1月27日、「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道のあたみ桜の開花状況を発表した…
ページ上部へ戻る