【文化】尾崎紅葉を偲ぶ「筆塚祭」 紅葉が生前愛用した筆塚に玉串  湯宿一番地

名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(主催・筆塚保存会)が17日、熱海市春日町の湯宿一番地(旧志ほみや旅館)前の筆塚碑広場であった。

斎藤栄市長をはじめ、高橋幸雄市議会議長、橋本一実県議、森田金清市観光協会会長、市議、町内会、周辺商店街の関係者60人が参列した。

来宮神社・雨宮盛克宮司の神事に続いて、参列者は紅葉が生前愛用していた筆が祀(まつ)られている筆塚(昭和7年建立)に玉串を捧げ、威徳をしのんだ。

紅葉のひ孫の影山孝夫さん(72)も出席した。

◇筆塚保存会=東田原町、田原町、田原本町、桃山台町、桃山町の各町内会の保存会メンバーで構成。会長は榛葉公孝氏(湯宿一番地社長)

全体像

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-4-20

    新しい第9分団(初島)詰め所が落成 高台に移転新設/熱海市消防本部

    熱海市初島で昨年9月から工事が進められていた熱海市消防団第9分団(宮下泉分団長、22人)の消…
  2. 2018-4-20

    熱海芸妓、花柳界・師匠の菩提寺でお焚きあげ供養/撥扇塚供養祭

    熱海市上宿町の大乗寺で4月20日、熱海芸妓が芸事の稽古や宴席で壊れたり、使えなくなったりした…
  3. 2018-4-19

    【編集室】チューリップ10万球が見頃、市民入場無料デー開催中/アカオガーデン

    熱海市のホテルニューアカオが運営する「アカオハーブ&ローズガーデン」(赤尾宣長社長)は、4月…
  4. 2018-4-19

    【熱海の花】絶景を眺望 鮮やか、ツツジが満開/MOA美術館「水晶殿」

    熱海駅近くの高台にある桃山で白やピンク、赤などの色とりどりのツツジが見ごろを見迎えている。M…
ページ上部へ戻る