【文化】消防本部が文化財防火訓練 今年は旧日向邸で実施 

熱海市消防本部は21日、国の重要文化財に指定されている熱海市春日町の旧日向別邸(ブルーノ・タウト熱海の家)で消防訓練を行った。
1月26日の文化財防火デーに合わせて毎年行われる訓練で、今年は旧日向別邸で実施した。市職員らが消防と連携して初期消火や観光客の避難誘導などの訓練を繰り広げた。
◇文化財防火デー 文化財を火災・震災その他の災害から守る目的で現消防庁が制定。1949年1月26日の法隆寺金堂壁画の焼損が契機となった。
◇旧日向別邸 ドイツ出身の建築家ブルーノ・タウト(1880~1938)が設計した地下室がある。地下室は、国内に現存する唯一のタウト設計の建築。2004年に市が取得。06年に重文指定。熱海市春日町。

消火

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-6

    2022年最大の熱海海上花火大会 「ドドーン」豪快響き、夜空彩る

    熱海海上花火大会の夏季シリーズ第2弾が8月5日、熱海湾を舞台に繰り広げられた。午後8時20分…
  2. 2022-8-5

    3年ぶりに開催、初島・熱海間団体競泳大会 優勝は神奈川県水泳連盟

    「第75回初島・熱海間団体競泳大会」(熱海市主催、同市体育協会主管)が8月4日、熱海湾で開か…
  3. 2022-8-5

    市長選「チームみずほ」旗揚げ 泉明寺みずほ後援会が事務所開き

    熱海市長選(9月4日告示、11日投開票)に出馬を予定している新人で市議の泉明寺みずほ氏(51…
  4. 2022-8-5

    第二小5年の安斎くん、市長に優勝報告 静岡県学年別柔道大会V

    5月に静岡県武道館(藤枝市)で開かれた「第19回県小学生学年別柔道大会」(主催・静岡県柔道協…
ページ上部へ戻る