【文化】森村誠一賞に森萄子さん 第2回写真俳句コンテスト

 

熱海でも執筆活動を続ける作家の森村誠一さんが提唱、普及する「第2回写真俳句ストーリーコンテスト」(主催・熱海市各地区観光協会連絡会)の最終審査と表彰式が23日、起雲閣であった。「森村誠一賞」は森萄子さん(栃木県)の写真と句「梅ふふむ吾子(あこ)声たてて笑う日に」が受賞した。

 

 

表彰式では森村さんが「芭蕉や蕪村になったつもりで熱海写真俳句の愉しみ」をテーマに講和し、スライドを使って写真と俳句の表現方法を説明した。

 

 

今回は1月11日から2月28日まで公募し、自由句、課題句の両部門で全国から94人、244作品の応募があった。
参加者約40人が入賞作品20点を選び、そこから森村さん、斉藤栄市長、森田金清同連絡会代表、俳句編集者の山口亜希子さんが優秀賞、市長賞を選び、森村さんが「森村誠一賞」を決めた。

 

(熱海ネット新聞)

 

 

◇写真俳句
作家の森村誠一氏が提唱する写真と俳句を組み合わせた表現手法。『森村誠一の写真俳句のすすめ』の刊行が契機となり、ブームが起きた。

 

025

斉藤栄市長

 

 

森村誠一

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る