【文化】森村誠一賞に森萄子さん 第2回写真俳句コンテスト

 

熱海でも執筆活動を続ける作家の森村誠一さんが提唱、普及する「第2回写真俳句ストーリーコンテスト」(主催・熱海市各地区観光協会連絡会)の最終審査と表彰式が23日、起雲閣であった。「森村誠一賞」は森萄子さん(栃木県)の写真と句「梅ふふむ吾子(あこ)声たてて笑う日に」が受賞した。

 

 

表彰式では森村さんが「芭蕉や蕪村になったつもりで熱海写真俳句の愉しみ」をテーマに講和し、スライドを使って写真と俳句の表現方法を説明した。

 

 

今回は1月11日から2月28日まで公募し、自由句、課題句の両部門で全国から94人、244作品の応募があった。
参加者約40人が入賞作品20点を選び、そこから森村さん、斉藤栄市長、森田金清同連絡会代表、俳句編集者の山口亜希子さんが優秀賞、市長賞を選び、森村さんが「森村誠一賞」を決めた。

 

(熱海ネット新聞)

 

 

◇写真俳句
作家の森村誠一氏が提唱する写真と俳句を組み合わせた表現手法。『森村誠一の写真俳句のすすめ』の刊行が契機となり、ブームが起きた。

 

025

斉藤栄市長

 

 

森村誠一

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

    熱海市は8月7日、「熱海市の発展のために使ってほしい」と、熱海市にゆかりのある夫妻から現金3000…
  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

    石塚周三さん(いしづか・しゅうぞう)8月4日死去、79歳。熱海市泉。通夜8日午後6時。葬儀9日午後…
  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

    熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れた。新型…
  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

    新型コロナウイルスの影響で4月から中止が続いた熱海海上花火大会が8月5日夜、熱海湾であり、…
ページ上部へ戻る