今宮神社例大祭 御鳳輦の神輿渡御、神社までの250m限定で実施

今宮神社の本年度例大祭(10月19日~20日)で御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「今宮叶會(いまみやかなえかい)」は9月25日、同神社で最終合同説明会を開いた。
今年の例大祭は、新型コロナウイルスの感染防止と伊豆山土石流に配慮し、昨年に続いて神事のみを斎行する。これに伴い、19日に予定していた御鳳輦が市街を巡行する神幸行列も取りやめる方針だったが、今月末でコロナの緊急事態宣言が解除される見通しとなったことなどから、栄町公民館から神社までの約250メートルに限定して神輿を担ぐことを決めた。掛け声は自粛する。
また同日午前には氏子町内を回り、例年通り、福もちを振る舞う。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る