【文化】混流温泉文化祭が開幕 さっそく仲見世商店街が「おもてなし」

 

アートイベント「混流温泉文化祭・アタミアートウィーク2014」が8日から23日までの日程で開幕した。
熱海、別府(大分)、岩室(新潟)の3温泉が参加、他地域のアーティストが熱海に長期滞在し、アートプログラムを行う。

開幕に先駆け、熱海の玄関口となる仲見世商店街では、岩室温泉の「uwabami」の2人が各店舗にウィンドウアートを描き、おもてなし。初日の8日は午後7時からメーン会場の熱海銀座・松屋ビルで混流シンポジウム「熱海でアートが出来る事」を開催。NPO法人atamista代表理事の市来広一郎氏をゲストに招き、3温泉の芸術家がディスカッションする。

9日の熱海ビーチクラブの3月定例会では、同文化祭とコラボして午前10時30分からビーチアートを描く。

(熱海ネット新聞)

◇主催 混流温泉文化祭(戸井田雄実行委員長=090-6958-9238)

 

 

仲見世あーと

naka2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-4-23

    【熱海の花】春ウララ、海風に揺れる紫と白のフジ棚が見頃 サンレモ公園

    例年、ゴールデンウィークに見ごろを迎えるサンレモ公園(熱海市和田浜南町)のフジが例年より少し…
  2. 2017-4-22

    【編集室】渚町をアートで彩れ! リノベーションの起爆剤に作品展

    熱海市渚町のリノベーション賃貸物件「nagisArt(ナギサート)」で4月21~23日、市内外の…
  3. 2017-4-22

    【イベント】クラシックカー、伊豆半島駆ける 熱海起点にラリー車34台

    全国のクラシックカー愛好者が伊豆半島の山あいや海辺を2日間かけて約240kmのルートをたどる公道…
  4. 2017-4-22

    【イベント】チア全米一 日大三島「ピンキーチェリーズ」、熱海にエール

    高齢者専用マンション「中銀ライフケア」を運営する中銀インテグレーションは4月22日、熱海市の渚親…
ページ上部へ戻る