【文化】混流温泉文化祭が開幕 さっそく仲見世商店街が「おもてなし」

 

アートイベント「混流温泉文化祭・アタミアートウィーク2014」が8日から23日までの日程で開幕した。
熱海、別府(大分)、岩室(新潟)の3温泉が参加、他地域のアーティストが熱海に長期滞在し、アートプログラムを行う。

開幕に先駆け、熱海の玄関口となる仲見世商店街では、岩室温泉の「uwabami」の2人が各店舗にウィンドウアートを描き、おもてなし。初日の8日は午後7時からメーン会場の熱海銀座・松屋ビルで混流シンポジウム「熱海でアートが出来る事」を開催。NPO法人atamista代表理事の市来広一郎氏をゲストに招き、3温泉の芸術家がディスカッションする。

9日の熱海ビーチクラブの3月定例会では、同文化祭とコラボして午前10時30分からビーチアートを描く。

(熱海ネット新聞)

◇主催 混流温泉文化祭(戸井田雄実行委員長=090-6958-9238)

 

 

仲見世あーと

naka2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-1

    本格りんご飴専門店「Jewel Candy」熱海サンビーチ前にオープン

    熱海サンビーチ=7月31日 お祭りの屋台などでよく見かける、りんご飴の本格スイーツ専門店「J…
  2. 2021-8-1

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と未成年者

    静岡県は7月31日、熱海市に住む高齢でない高齢でない成人と未成年者の計2人が新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-8-1

    倒壊家屋の捜索が9割方終了、自衛隊が撤収 今後は消防と県警で

    熱海市伊豆山の土石流災害で、行方不明者の捜索を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の最後まで捜索を続けて…
  4. 2021-7-31

    熱海土石流災害 被災者対象 公営住宅などの入居受け付け開始

    熱海市で起きた大規模な土石流で、自宅が全半壊して住めなくなった人を対象に、熱海市と静岡県が用意した…
ページ上部へ戻る