熱海・小山毘沙門堂で年に1度のご開帳 運慶作「毘沙門天王像」

熱海市下多賀の小山毘沙門堂で1月3日早朝、大祭があり、堂内に祀られている「毘沙門天王像」がご開帳された。鎌倉時代を代表する仏師運慶の作と伝えられる像で、ご開帳は年に1度、小山毘沙門堂大祭が開かれる1月3日午前5時半から同6時半までの1時間だけ。
富西寺の小野歓芳住職による読経とともに御簾(みす)が上げられと、甲冑に身を固め右手に戟(げき)、左手に宝塔を持つ立像が現れ、奉賛会役員や参詣者たちは手を合わせ、健康長寿、商売繁盛などを祈願した。
(熱海ネット新聞)
■小山毘沙門堂 網代の漁師たちの大漁祈願の神として貞享2年(1685年)に再建。日蓮宗三島本覚寺の末寺最栄山富西寺に属し、信者たちが細々と管理してきたが、昭和50年(1975年)に小山町毘沙門堂奉賛会が発足。以後、地元の小山町内会とともに組織的に運営している。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-12-5

    晩秋の風物詩、見ごろ続く中「熱海梅園もみじまつり」閉幕

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕した。今年は紅葉が遅…
  2. 2022-12-5

    忘年花火大会始まる 「熱海梅園もみじまつり」閉幕で主役交代

    熱海に冬の訪れを告げる「忘年熱海海上花火大会」(熱海市ホテル旅館協同組合連合会主催)が12月…
  3. 2022-12-4

    「熱海梅園もみじまつり」 最終日、園道彩る「敷(しき)もみじ」

    11月12日に始まった「熱海梅園もみじまつり」が12月4日に全日程を終了し、閉幕する。「日本…
  4. 2022-11-30

    “日本一遅い”熱海梅園の紅葉ピーク イチョウも鮮やかな黄色に

    “日本一遅い紅葉”で知られる熱海市内の紅葉シーズンも終盤にかかり、熱海梅園では、園全体でピー…
ページ上部へ戻る