【桜梅】梅まつりの喧騒が去り、今年も鴨(カモ)のつがいが飛来 熱海梅園

14万7000人が訪れた「梅まつり」が16日に終了したのを待って、鴨のつがいが熱海梅園に飛来し、来園者の人気を集めている。
熱海市公園緑地室によれば、2年前から鴨が飛来するようになり、今年も律儀に澤田政廣記念美術館へ渡る梅園橋(うめぞのばし)下の清流に逗留。心地よさそうに仲良く足カキしながら遅咲き梅の「開運」「武蔵野」「乱雲」をみてリフレッシュしている。

これまでは1週間ほどで飛び去っており、21日からの3連休が見ごろのようだ。

(編集主幹・松本洋二)

 

DSC_7037ss

鴨の夫婦

DSC_7003ssp

梅園橋

 

DSC_7033ss

開運

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-17

    去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海夏イベントの掉尾飾る

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会…
  2. 2019-8-17

    熱海の夏の風物詩「百八体流灯祭 」 270基のかがり火で精霊送る

    お盆に迎えた先祖の霊を送る伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時…
  3. 2019-8-17

    送り盆行事 「灯ろう流し」 揺れる光見つめ、先祖の魂を弔う 熱海市・長浜海岸

    先祖や亡くなった人の霊を供養する送り盆の行事「灯ろう流し」が8月16日、熱海市上多賀の長浜…
  4. 2019-8-16

    日本初の人工海水浴 隠れた人気、伝説の網代温泉海水浴場

    熱海市にある3つの海水浴場の中で、ひときわ異彩を放つのが網代温泉海水浴場(大縄)。熱海市下…
ページ上部へ戻る