【桜梅】梅まつりの喧騒が去り、今年も鴨(カモ)のつがいが飛来 熱海梅園

14万7000人が訪れた「梅まつり」が16日に終了したのを待って、鴨のつがいが熱海梅園に飛来し、来園者の人気を集めている。
熱海市公園緑地室によれば、2年前から鴨が飛来するようになり、今年も律儀に澤田政廣記念美術館へ渡る梅園橋(うめぞのばし)下の清流に逗留。心地よさそうに仲良く足カキしながら遅咲き梅の「開運」「武蔵野」「乱雲」をみてリフレッシュしている。

これまでは1週間ほどで飛び去っており、21日からの3連休が見ごろのようだ。

(編集主幹・松本洋二)

 

DSC_7037ss

鴨の夫婦

DSC_7003ssp

梅園橋

 

DSC_7033ss

開運

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

    熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から長浜海岸で…
  2. 2022-8-17

    「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

    熱海市の長浜海岸で8月16日夜、お盆の風物詩「灯籠流し」が行われた。多賀湾に400個の淡い光…
  3. 2022-8-17

    網代温泉海上花火大会に1万人 2年ぶりのお盆開催 夏の風物詩が復活

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時30分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会主催)が開…
  4. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
ページ上部へ戻る