【桜梅】梅まつりの喧騒が去り、今年も鴨(カモ)のつがいが飛来 熱海梅園

14万7000人が訪れた「梅まつり」が16日に終了したのを待って、鴨のつがいが熱海梅園に飛来し、来園者の人気を集めている。
熱海市公園緑地室によれば、2年前から鴨が飛来するようになり、今年も律儀に澤田政廣記念美術館へ渡る梅園橋(うめぞのばし)下の清流に逗留。心地よさそうに仲良く足カキしながら遅咲き梅の「開運」「武蔵野」「乱雲」をみてリフレッシュしている。

これまでは1週間ほどで飛び去っており、21日からの3連休が見ごろのようだ。

(編集主幹・松本洋二)

 

DSC_7037ss

鴨の夫婦

DSC_7003ssp

梅園橋

 

DSC_7033ss

開運

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-29

    国道135号線、26日ぶりに開通 神奈川県境と熱海市間 伊豆山土石流で

    今月3日に起きた熱海市伊豆山の土石流災害で神奈川県境と熱海市東海岸区間の一部が不通になった国道13…
  2. 2021-7-29

    Jリーガーが支援の輪 土石流被災の子供たちに応援リュックサック届く 

    土石流で大きな被害を受けた熱海市の伊豆山地区の子どもたちを元気づけようと、熱海市伊豆山の介護ケアタ…
  3. 2021-7-28

    熱海市で新たに高齢でない成人がコロナ感染 市152例目 感染が再拡大

    静岡県は7月28日、熱海市に住む高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。性別…
  4. 2021-7-28

    22人目の遺体は坂本光正さん、一昨年の「伊豆山神社厄年奉賛会」役員

    熱海市伊豆山地区で起きた土石流災害で熱海市は7月28日、前日に般若院の近くで見つかった遺体の身元が…
ページ上部へ戻る