【梅】熱海梅園の開花状況(1月23日)

このところの冷え込みで花芽の目覚めが進み、熱海梅園の梅の木は開花の速度を速めた。待ってましたとばかり、旬の蜜を求めて飛来しているのがメジロたちだ。まさしく「目白押し」といった風情。「目白押し」とは広辞苑によれば、「メジロが木の枝に止まるとき、押し合うようにたくさん並んでとまることから、他人数が込み合って並ぶこと」。もっとも梅園のメジロは行儀が良く、それぞれの木や枝に住み分けている。花を落とすこともない。開花は早咲きで3分、全体では2分程度だが、メジロの方ははや満開。あっちでも、こっちでもパシャ。

baien23ss DSC_6451ssDSC_6491ssDSC_6470ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-3

    標高500mで凛と咲く…姫の沢公園で水仙が見頃 本格的な春の訪れ 

    熱海市の姫の沢公園公園でひときわ目立つ黄色い水仙(スイセン)や鈴蘭(スズラン)のような白い…
  2. 2021-3-3

    熱海市で新たに1人がコロナ感染、高齢でない成人男性 3月3日

    静岡県は3月3日、熱海市に住む高齢でない成人男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。熱…
  3. 2021-3-3

    3月9、10日に市議会「一般質問」 副市長2人制やコロナ諸問題で論戦 

    熱海市議会2月定例会は3月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と高橋幸雄氏を除く…
  4. 2021-3-3

    熱海市長の施政方針 「ピンチをチャンスに変え、反転攻勢に向けた施策」全掲

    熱海市は市議会2月定例会に180億300万円の新年度一般会計当初予算案を上程した。市長は「回復から…
ページ上部へ戻る