【梅桜】ようやくゴーサイン、30日から入園有料化 今日(23日)の熱海梅園の様子

熱海市は23日、「早咲きの梅の開花状況が1分咲きを超えた」と発表した。

開花した梅の主な品種は八重寒紅、冬至梅、紅冬至。

正面入口管理棟、中山晋平記念館の門付近で観ることが出来る。

これに伴い、「第70回熱海梅園梅まつり」は、1月30日(木)から入園が有料となる。

料金は市民・宿泊者100円、一般300円。

(中学生以下は無料)

八重野梅

白い花の八重野梅も開花しました。

DSC_2733ss

【写真】珈琲専科「讃」羽田剛さん撮影=1月23日  

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-21

    1月22日から国宝「紅白梅図屏風」展 土日は熱海梅園との無料シャトルバス

    熱海市のMOA美術館で1月22日から3月9日まで名品展国宝 「紅白梅図屏風(びょうぶ)」展が開催さ…
  2. 2021-1-21

    曽我大橋の橋下付近で遺体発見 死後2カ月、性別、年齢は不明

    1月20日午前10時5分ごろ、熱海市熱海の曽我大橋の橋下付近で工事関係者が遺体を発見し、110番通…
  3. 2021-1-21

    糸川遊歩道のあたみ桜、1・36分咲きに 見頃が1本、5分咲きが3本

    熱海市は1月19日、糸川遊歩道と熱海梅園前市道のあたみ桜の開花状況(18日現在)を発表した。「あた…
  4. 2021-1-20

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢者と高齢でない成人/1月20日

    静岡県は1月20日、熱海市に住む高齢者と高齢でない成人の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表し…
ページ上部へ戻る