【梅桜】熱海梅園の476本全梅にPPV感染予防検査 青梅市「梅の公園」では1260本伐採

 

 

熱海市が梅の木を弱らせる「プラムポックスウィルス」(PPV)の感染予防に乗りだすことになった。13日の議院運営委員会で田中秀宝議員の「PPB感染の予防に予算を計上すべきだ」の要望に、先月、斉藤栄市長に代わって梅サミット会議(青梅市)に出席した田辺国治副市長が「葉を切る5月にチェックして感染を予防したい」と答えた。

 

このウィルスに感染すると、梅の葉に輪紋が生じ、感染の拡大を防ぐには、感染した木を伐採するしかない。
伊豆半島や静岡県ではこれまでのところ感染は発見されていないが、神奈川県など全国的に広がりを見せており、全国有数の梅の名所「青梅市うめの公園」(東京都青梅市)では、昨年6月の調査で39本の感染が判明。国が定めた感染拡大防止の方針に従い、今年の梅シーズン終了後に園内の1260本余りをすべて伐採する。
約40年前から続く青梅梅園の「梅まつり」には毎年10万人が訪れるが、伐採により、植物防疫法の規定で国が3年間、感染がないことを確認しなければ、新たな梅の木は植えられないことから、当面は見納めとなる。

 

熱海市も対岸の火事の出来事とは放置できず、感染予防に着手した。
(編集主幹・松本洋二)

 

◇梅サミット 梅の名所を持つ自治体が年1回集まり、梅を生かした観光文化の振興と梅関連産業の発展を図る。平成7年度の熱海市の開催が最初。熱海市、伊豆市(静岡)、小田原市、湯河原町(神奈川)、太宰府市(福岡)、みなべ町(和歌山)、知多市(愛知)、奈良市、水戸市、安中市(群馬)、越生町(埼玉)、青梅市の計12市町が加盟。

 

梅見本

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    来宮神社に阿波踊り奉納 連結成10周年祝い、参拝客が盛んな拍手

    糸川遊歩道での阿波踊り終了後の1月19日、湘南なぎさ連は熱海市の来宮神社を訪問。本殿で雨宮盛…
  2. 2019-1-19

    さくら彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波踊り

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  3. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  4. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
ページ上部へ戻る