【社会】「あたみ桜」が開花一番乗り 河津桜をしり目に今年も「福男」

「日本で最も早く咲く桜」として熱海市が売り出している「あたみ桜」が市内各地で開花した。

熱海市公園緑地室によると、花が咲き始めたのは、糸川遊歩道(54本中2本)、海浜公園(11-1)、釜鳴屋平七像脇(2-2)、梅園前市道(22-2)、花ひろば(1-1)、渚小公園(15-2)、渚デッキ(17-2)、梅園・足湯裏(1-1)の計8カ所の13本。早咲きで知られる「河津桜」より1カ月近く早いペース。

「えべっさん」の西宮神社の参拝一番乗りでは元甲子園球児が「福男」を射止めたが、桜の開花一番乗りは今年も「あたみ桜」-。

◇あたみ桜 熱海の「市の木」で日本で最も早く咲く桜。沖縄のカンヒザクラとヤマザクラの自然雑種。開花期間は1カ月以上。明治4年頃、イタリア人によって熱海にもたらされた。見頃は1月下旬〜2月上旬。河津桜の開花は2月上旬。

あたみ桜糸川

福男

【写真】今年開花したあたみ桜、満開時の糸川沿いのあたみ桜(昨年)、西宮神社の参拝一番乗り

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-27

    「変異種感染者の市町名公開を」齋藤栄市長、コロナ情報開示で県を批判

    熱海市の齋藤栄市長は1月26日、英国で流行している新型コロナウイルスの変異種への感染が静岡県内で4…
  2. 2021-1-27

    【お悔やみ】稲葉精司さん(熱海市紅葉ガ丘)1月25日死去

    稲葉精司さん(いなば・つかさ)1月25日死去、81歳。熱海市紅葉ガ丘町18の58。出棺28日午前1…
  3. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  4. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
ページ上部へ戻る