【社会】天皇陛下の誕生日に献上する早咲き梅の枝切り 梅園の紅梅と白梅

冷たい雨が降り続く18日、熱海梅園で天皇陛下の誕生日に献上する早咲き梅の枝切り作業があった。熱海市観光経済課の職員が20本の早咲き梅の枝を切り取り、温かい室内でつぼみを膨らませたあと、20日に宮内庁へ届ける。

熱海市では、天皇陛下が皇太子時代の1969年から毎年続けており、今回で45回目。梅は紅梅の八重寒紅(やえかんこう)と白梅の冬至梅(とうじばい)の2種類。熱海梅園では現在、11本ほどの梅の木が1輪、2輪と花をつけている。
この梅は英国大使館や韓国大使館にも届けるという。

【写真】献上梅の枝を切る熱海市の職員=熱海市広報より

八重寒梅冬至梅

紅梅の八重寒紅 白梅の冬至梅

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-4-23

    【熱海の花】春ウララ、海風に揺れる紫と白のフジ棚が見頃 サンレモ公園

    例年、ゴールデンウィークに見ごろを迎えるサンレモ公園(熱海市和田浜南町)のフジが例年より少し…
  2. 2017-4-22

    【編集室】渚町をアートで彩れ! リノベーションの起爆剤に作品展

    熱海市渚町のリノベーション賃貸物件「nagisArt(ナギサート)」で4月21~23日、市内外の…
  3. 2017-4-22

    【イベント】クラシックカー、伊豆半島駆ける 熱海起点にラリー車34台

    全国のクラシックカー愛好者が伊豆半島の山あいや海辺を2日間かけて約240kmのルートをたどる公道…
  4. 2017-4-22

    【イベント】チア全米一 日大三島「ピンキーチェリーズ」、熱海にエール

    高齢者専用マンション「中銀ライフケア」を運営する中銀インテグレーションは4月22日、熱海市の渚親…
ページ上部へ戻る