【社会】来宮駅と伊豆多賀駅間の踏切で火災 敷板焼く

8月31日午後10時40分ごろ、来宮駅と伊豆多賀駅間にある熱海市上多賀のJR伊東線上山田第一踏切で火災が発生。レール間の敷板約1平方㍍を焼き、15分後に消化した。けが人はなかった。通過中の電車の車掌が火災に気付き、消火器で消し止めたという。火災により、上下3本が運行を見合わせた。警察は出火原因を調べている

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-16

    楽天トラベル温泉宿泊客、熱海が全国1位 10〜20代の1人旅42%増

    旅行予約サービス「楽天トラベル」は1月15日、「2020年 人気温泉地ランキング」を発表した。年間…
  2. 2021-1-16

    熱海―初島航路 1月16日〜2月15日まで減便 1日7便から5便に

    熱海港と初島港を結ぶ富士急マリンリゾートは1月16日~2月15日まで、1日7便の運航を5便に減らす…
  3. 2021-1-15

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 ともに無症状、50歳代男性と高齢者

    静岡県は1月15日、熱海市に住む50歳代男性と高齢者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感染…
  4. 2021-1-15

    あたみ桜の蜜を求め、メジロが飛来 「糸川桜まつり」開幕から1週間 

    熱海市は1月13日現在のあたみ桜の開花状況を発表した。「あたみ桜糸川桜まつり」(〜2月7日…
ページ上部へ戻る