【社寺】トンネル工事犠牲者67人の霊を慰める 丹那神社で例祭

 

丹那神社奉賛会(田島秀雄会長)は6日、熱海市福道町の同神社で平成26年度の例祭を開き、地域住民や観光商工関係者、旧国鉄関係者などが参集し、東海道線丹那トンネルの工事で犠牲になった67人の霊を慰めた。
例祭では来宮神社の雨宮盛克宮司が神事を執り行い、祝詞奏上などに続き、田島会長、橋本一実県議、森田金清熱海市観光協会会長、佐藤元昭市議会副議長らが玉串を捧げた。同会名誉会長の仁杉巌元国鉄総裁に代わって久間章生元防衛長官が参列した。

また「大楠連」(待井裕晃代表)が2基の神輿で同神社周辺と熱海駅前の平和通り商店街で渡御を行った。熱海鉄道同好会による鉄道模型の運行や熱海囃子笛伶会の演奏などもあり、トンネル開通80周年の例祭に花を添えた。

(熱海ネット新聞)

 

神事2

神事

参列者

 

DSC_7640神事3分前

神輿

神輿2

DSC_7631ssp

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の日曜日となった5月31日…
  2. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  3. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  4. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
ページ上部へ戻る