【社寺】春の到来を告げる「雪割草」を展示 伊豆山神社

 

伊豆山神社(原口尚文宮司)は15日と16日、社務所前に雪国に春の訪れを告げる「雪割草」を展示、参拝者や市民にその魅力を紹介している。

同神社の篤志崇敬者、小林征男氏(都内在住)は日本有数の羽蝶蘭の栽培者としても知られ、毎年6月に同神社で羽蝶蘭展示会を開催している。今年から「雪割草」の展示をはじめ、市内外から花ファンが駆け付た。原価で販売もしている。

 

(熱海ネット新聞)

 

雪割2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-5-26

    千歳川の河川清掃、2・5キロ区間をイッキ 熱海市泉の3町内会など85人

    熱海市と泉地区の3町内会(泉中沢、泉五軒町、泉本区)は5月26日、神奈川県湯河原町の境界を流…
  2. 2019-5-26

    熱海鉄道同好会が「春の鉄道展」、新天皇ご即位を記念して「お召し列車」も

    「春の鉄道展」が5月25日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始まり、鉄道ファンや子…
  3. 2019-5-25

    湯浴び、勇壮な練り 泉公園でクライマックス/湯かけまつり神輿パレード

    温泉に感謝を込めて、沿道の人々が盛大に神輿に湯を掛ける第36回「湯かけまつり神輿パレード」が…
  4. 2019-5-25

    熱海市・網代で27・2度 今年最高、7月上旬並みの暑さ 早くも海遊び

    日本列島は5月25日、高気圧に覆われて日差しが強まり、熱海市・網代で今年最高気温となる27・2度を観…
ページ上部へ戻る