【社寺】春の到来を告げる「雪割草」を展示 伊豆山神社

 

伊豆山神社(原口尚文宮司)は15日と16日、社務所前に雪国に春の訪れを告げる「雪割草」を展示、参拝者や市民にその魅力を紹介している。

同神社の篤志崇敬者、小林征男氏(都内在住)は日本有数の羽蝶蘭の栽培者としても知られ、毎年6月に同神社で羽蝶蘭展示会を開催している。今年から「雪割草」の展示をはじめ、市内外から花ファンが駆け付た。原価で販売もしている。

 

(熱海ネット新聞)

 

雪割2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
  2. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始…
  3. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  4. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
ページ上部へ戻る