【社寺】桜が舞う伊豆山神社で伝統の「みこし下り」 4基の神輿が石段を駆け下りる 

 

伊豆山神社(原口尚文宮司、大舘節生総代会長)の例大祭で15日、快晴の下、境内に桜が舞う幻想的な舞台で呼び物の「神輿(みこし)下り」神幸祭が挙行された。

 

午後1時からの発輿祭(御列召立の儀)の後、獅子を先導に地元の仲道(西殿神輿)、浜町(本殿神輿)、岸谷(東殿神輿)の順で烏帽子、白装束姿の氏子が担ぐ3基の御輿の神幸行列が出発。その後に深い緑色の装束をまとった厄年奉賛会「伊豆山子丑會(ねうしかい)」(宇田隆司会長)の神輿が続いた。

 
それぞれの神輿は足元を確かめるように慎重にゆっくりと、かつ「ワッショイ、ワッショイ」と威勢の良い掛け声を上げながら、海岸近くの下宮(しもみや)までの全837段のうち、664の石段を勇壮に下り、集まった市民や観光客を沸かせた。
この日は奉納行事として神輿愛好団体「伊豆山勢輿会」による「例大祭奉祝古式神輿練り」と、弓道の小笠原流宗家一門の「古式三三九手挟(さんざんくてばさみ)大的奉射」も繰り広げられた。

 
16日は午前10時から本殿で正殿祭が行われる。

 

(熱海ネット新聞)

 

桜吹雪石段はじめ厄年石段後ろから

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る