【社寺】桜が舞う伊豆山神社で伝統の「みこし下り」 4基の神輿が石段を駆け下りる 

 

伊豆山神社(原口尚文宮司、大舘節生総代会長)の例大祭で15日、快晴の下、境内に桜が舞う幻想的な舞台で呼び物の「神輿(みこし)下り」神幸祭が挙行された。

 

午後1時からの発輿祭(御列召立の儀)の後、獅子を先導に地元の仲道(西殿神輿)、浜町(本殿神輿)、岸谷(東殿神輿)の順で烏帽子、白装束姿の氏子が担ぐ3基の御輿の神幸行列が出発。その後に深い緑色の装束をまとった厄年奉賛会「伊豆山子丑會(ねうしかい)」(宇田隆司会長)の神輿が続いた。

 
それぞれの神輿は足元を確かめるように慎重にゆっくりと、かつ「ワッショイ、ワッショイ」と威勢の良い掛け声を上げながら、海岸近くの下宮(しもみや)までの全837段のうち、664の石段を勇壮に下り、集まった市民や観光客を沸かせた。
この日は奉納行事として神輿愛好団体「伊豆山勢輿会」による「例大祭奉祝古式神輿練り」と、弓道の小笠原流宗家一門の「古式三三九手挟(さんざんくてばさみ)大的奉射」も繰り広げられた。

 
16日は午前10時から本殿で正殿祭が行われる。

 

(熱海ネット新聞)

 

桜吹雪石段はじめ厄年石段後ろから

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る