【社寺】運慶作の毘沙門天像がご開帳 小山毘沙門堂で例大祭

熱海市下多賀の小山毘沙門堂で3日、例大祭が開かれ、毘沙門天像がご開帳された。鎌倉時代を代表する仏師運慶の作と伝えられる像で、ご開帳は年に1回、この日の午前5時30分〜6時30の1時間のみ。午前5時30分、富西寺の小野歓芳住職の読経とともに御簾(みす)が上げられと、参拝者たちは毘沙門天像に手を合わせ、家内安全、商売繁盛などを祈願した。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-26

    緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市

    政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東…
  2. 2020-5-26

    熱海の病院職員のコロナ感染 濃厚接触者の外来患者、職員「全員陰性」

    静岡県は5月25日、前日公表した国際医療福祉大学熱海病院の男性職員(三島市)の新型コロナウイルス感…
  3. 2020-5-25

    来宮神社厄年奉賛会 6月1日授業再開の小中学生全員にマスク寄贈

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日-16日)で今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉…
  4. 2020-5-24

    国際医療福祉大学熱海病院の男性職員、新型コロナ感染 経路は不明

    静岡県は5月24日、熱海市の国際医療福祉大学熱海病院の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る