【経済】日帰り温泉も楽しめる「熱海型バル」が好評 第1回温泉バル祭り・イン・熱海

 

「第1回温泉バル祭り・イン・熱海2014」(実行委員会主催)が29日までの5日間、熱海市街で開催された。
イタリアの「バール」のように、早い時間から気楽に街中を食べ歩いてもらおうと86店が参加。バル限定の特別メニューやサービスを提供した。

 

「バル」は全国的に広がりを見せているが、熱海のバルは市の特性を生かし、定番の飲食店やバー、スナックばかりでなく、土産店やホテルや旅館での日帰り入浴、美容院でのヘッドマッサージなどに利用できる。

 

熱海駅前の「釜めし・串の店 味くら」では、ご覧のような特別セットを用意、日帰り観光客などをもてなした。

 

チケットは3枚つづりで3300円(前売り2900円)。3店舗を自由にチョイスして30分~1時間でハシゴできるシステム。期間中、熱海梅園梅まつりと糸川桜まつりが開催されていたことも追い風となって、多くの市民や観光客が利用した。

 

実行委員会の長沢寛治さん(焼肉秘苑)は「これまで市民中心のイベントが多かったが、今回初めて宿泊を伴わない市外の誘客にトライした。様々なお店に参加して頂き、多くの方に熱海に来ていただけた。次回は6月~9月をめどに行い、年に3回程度開催したい」と話している。

(編集主幹・松本洋二)

 

◇バル バー(Bar)のスペイン語読みでイタリアの「バール」。南ヨーロッパにある喫茶店や居酒屋などの軽食堂。食事の合間に軽く食べたり、飲んだりできる。これを日本流にアレンジした食べ歩き、飲み歩きイベント。

花見

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る