【経済】東海、西相模灘地震に備え、小水力発電実験 熱海でシンポジウム

 

 

再生可能エネルギーの普及を目指し、3月に発足した「熱海グリーンエネルギー推進協議会」(井手由起雄会長)がKKRホテル熱海でシンポジウムを開き、信州大の池田敏彦名誉教授、名古屋大学エコトピア科学研究所の内山知美客員教授らが講演した。

 

池田教授は「身近な小川や農業用水路などの流れに置くだけで発電する小型水車『エコ水車』の開発と普及」について話し、熱海での実施を提案した。

ただ小水力発電は高い建設費と、落ち葉などのごみで水車がつまる技術的な課題がある。そこで同協議会では8月ごろから市内を流れる川で新たな小水力発電の実験を始め、内山教授が考案した、ごみがたまらない形状の水車を使う。

 

熱海は東海地震や西相模灘地震が発生した場合、約8万人の市民、観光客らが孤立することが予想され、地域特性を生かしたグリーンエネルギーでの発電の可能性を探っていく。

(熱海ネット新聞)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

【写真】信州大の池田敏彦名誉教

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-18

    【お悔やみ】山脇五郎さん(熱海市下多賀)12月15日死去

    山脇五郎さん(やまわき・ごろう)12月15日死去、93歳。熱海市下多賀。出棺19日午前11時、JAホ…
  2. 2018-12-17

    熱海署「110マン」、ご当地ヒーローもパレード/熱海市民安全大会

    年末の交通安全県民運動(12月15~31日)に合わせ12月17日、熱海市は渚町の渚小公園で市…
  3. 2018-12-17

    今年の有終、熱海海上花火大会! 2018年は18回で39万3千人が観賞

    今年のフィナーレを飾る「忘年熱海海上花火大会」が12月16日、熱海湾であり、1万3千人の観衆…
  4. 2018-12-16

    陸前高田応援「タカタ・フェスタ」 あったか熱海でワンデー開催

    東日本大震災の津波被害を受けた岩手県陸前高田市の復興を応援するイベント「タカタ・フェスタ・イ…
ページ上部へ戻る