【経済】東海、西相模灘地震に備え、小水力発電実験 熱海でシンポジウム

 

 

再生可能エネルギーの普及を目指し、3月に発足した「熱海グリーンエネルギー推進協議会」(井手由起雄会長)がKKRホテル熱海でシンポジウムを開き、信州大の池田敏彦名誉教授、名古屋大学エコトピア科学研究所の内山知美客員教授らが講演した。

 

池田教授は「身近な小川や農業用水路などの流れに置くだけで発電する小型水車『エコ水車』の開発と普及」について話し、熱海での実施を提案した。

ただ小水力発電は高い建設費と、落ち葉などのごみで水車がつまる技術的な課題がある。そこで同協議会では8月ごろから市内を流れる川で新たな小水力発電の実験を始め、内山教授が考案した、ごみがたまらない形状の水車を使う。

 

熱海は東海地震や西相模灘地震が発生した場合、約8万人の市民、観光客らが孤立することが予想され、地域特性を生かしたグリーンエネルギーでの発電の可能性を探っていく。

(熱海ネット新聞)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

【写真】信州大の池田敏彦名誉教

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-12

    熱海市で2人が新たに新型コロナ感染 成人男性と同居家族の高齢者女性

  2. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

  3. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

  4. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

ページ上部へ戻る