【編集室】今年最初の流星群「しぶんぎ座流星群」、熱海では…

新年の始まりをお祝いするかのように今年最初の流星群「しぶんぎ座流星群」が4日早朝、熱海上空にもやって来た。同流星群は昨年末に話題になった「ペルセウス座流星群」「ふたご座流星群」と並ぶ3大流星群の1つ。
毎年1月1日頃から1月5日頃に出現が見られ、国立天文台によると日本での流星のピークは4日の朝4時半頃。観測条件が良いところでは、1時間に数十個程度の流星を見ることができるという。本紙は1日のうちでも最も寒い時間帯にもかかわらず、果敢に撮影に挑戦したが、星は無数にあるものの、満月間近の月明かりに邪魔されて流星群の撮影は不発に終わった。熱海の夜景と月、星空をお届けする。
(本紙天文取材班)

tuki

IMG_9258ss IMG_9266ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る