【編集室】今年最初の流星群「しぶんぎ座流星群」、熱海では…

新年の始まりをお祝いするかのように今年最初の流星群「しぶんぎ座流星群」が4日早朝、熱海上空にもやって来た。同流星群は昨年末に話題になった「ペルセウス座流星群」「ふたご座流星群」と並ぶ3大流星群の1つ。
毎年1月1日頃から1月5日頃に出現が見られ、国立天文台によると日本での流星のピークは4日の朝4時半頃。観測条件が良いところでは、1時間に数十個程度の流星を見ることができるという。本紙は1日のうちでも最も寒い時間帯にもかかわらず、果敢に撮影に挑戦したが、星は無数にあるものの、満月間近の月明かりに邪魔されて流星群の撮影は不発に終わった。熱海の夜景と月、星空をお届けする。
(本紙天文取材班)

tuki

IMG_9258ss IMG_9266ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-12

    熱海市で2人が新たに新型コロナ感染 成人男性と同居家族の高齢者女性

    静岡県は7月12日、熱海市に住む成人男性と、同居する高齢者女性の2人が新型コロナウイルスに感染した…
  2. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1…
  3. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  4. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
ページ上部へ戻る