【編集室】2020年東京五輪の熱海市の人口は3万4300人 静岡県が予測 

静岡県は17日、2010年〜40年の5年ごとの県内市町の将来推計人口を公表した。

2010年に3万9600人だった熱海市の人口は3万9010人(11月末現在)。

国勢調査結果に基づく、県の分析によると、今後はさらに減少に拍車がかかり、2015年(3万7100人)、2020年(3万4300人)、2025年(3万1300人)、2030年(2万8400人)、2035年(2万5500人)、2040年(2万2800)-。

2040年には総人口が現在より42・5%減少する一方で、前期高齢者(65歳-74歳)の占める割合は全体の16.4%、後期高齢者(75歳以上)は26.3%。高齢化率は実に42.7%。10人の内4人が65歳以上となる計算だ。

熱海市は第4次熱海総合計画の中で、東京五輪が開催される2020年度の目標人口を4万人としているが、実情とは大きな隔たりがある。

少子化対策とともに、郊外のショッピングセンターまで車で買い物に行けないお年寄りが、近隣で快適に過ごせる市街地へ編成など、これまで経験したことのない思い切った施策が望まれる。(編集主幹)

人口

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2023-2-5

    立春 熱海サンビーチ「釜鳴屋平七」像前であたみ桜満開 

    二十四節気のひとつで春の始まりとされる「立春」の2月4日、熱海市では早咲きで知られる「あたみ桜」…
  2. 2023-2-4

    熱海富士、来宮神社と今宮神社で豆まき 3年ぶりに熱海らしい行事戻る

    節分の2月3日、熱海出身の大相撲・熱海富士関(20)が来宮神社(雨宮盛克宮司)と今宮神社(泉…
  3. 2023-1-29

    熱海市民駅伝 中部Aが7連覇 コロナ禍で3年ぶりに開催

    第19回熱海市民駅伝競走大会が1月28日、網代小をスタート、市役所をゴールとする6区間14・…
  4. 2023-1-28

    熱海で初雪、山間部が銀世界! チェーン規制発令 

    前線を伴った低気圧が通過する影響で、熱海市の山間部でも1月27日夜から28日未明にかけて「雪」や「み…
ページ上部へ戻る