【編集室】2020年東京五輪の熱海市の人口は3万4300人 静岡県が予測 

静岡県は17日、2010年〜40年の5年ごとの県内市町の将来推計人口を公表した。

2010年に3万9600人だった熱海市の人口は3万9010人(11月末現在)。

国勢調査結果に基づく、県の分析によると、今後はさらに減少に拍車がかかり、2015年(3万7100人)、2020年(3万4300人)、2025年(3万1300人)、2030年(2万8400人)、2035年(2万5500人)、2040年(2万2800)-。

2040年には総人口が現在より42・5%減少する一方で、前期高齢者(65歳-74歳)の占める割合は全体の16.4%、後期高齢者(75歳以上)は26.3%。高齢化率は実に42.7%。10人の内4人が65歳以上となる計算だ。

熱海市は第4次熱海総合計画の中で、東京五輪が開催される2020年度の目標人口を4万人としているが、実情とは大きな隔たりがある。

少子化対策とともに、郊外のショッピングセンターまで車で買い物に行けないお年寄りが、近隣で快適に過ごせる市街地へ編成など、これまで経験したことのない思い切った施策が望まれる。(編集主幹)

人口

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-8-1

    本格りんご飴専門店「Jewel Candy」熱海サンビーチ前にオープン

    熱海サンビーチ=7月31日 お祭りの屋台などでよく見かける、りんご飴の本格スイーツ専門店「J…
  2. 2021-8-1

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と未成年者

    静岡県は7月31日、熱海市に住む高齢でない高齢でない成人と未成年者の計2人が新型コロナウイルス感染…
  3. 2021-8-1

    倒壊家屋の捜索が9割方終了、自衛隊が撤収 今後は消防と県警で

    熱海市伊豆山の土石流災害で、行方不明者の捜索を支援してきた自衛隊災害派遣部隊の最後まで捜索を続けて…
  4. 2021-7-31

    熱海土石流災害 被災者対象 公営住宅などの入居受け付け開始

    熱海市で起きた大規模な土石流で、自宅が全半壊して住めなくなった人を対象に、熱海市と静岡県が用意した…
ページ上部へ戻る