【編集室】2020年東京五輪の熱海市の人口は3万4300人 静岡県が予測 

静岡県は17日、2010年〜40年の5年ごとの県内市町の将来推計人口を公表した。

2010年に3万9600人だった熱海市の人口は3万9010人(11月末現在)。

国勢調査結果に基づく、県の分析によると、今後はさらに減少に拍車がかかり、2015年(3万7100人)、2020年(3万4300人)、2025年(3万1300人)、2030年(2万8400人)、2035年(2万5500人)、2040年(2万2800)-。

2040年には総人口が現在より42・5%減少する一方で、前期高齢者(65歳-74歳)の占める割合は全体の16.4%、後期高齢者(75歳以上)は26.3%。高齢化率は実に42.7%。10人の内4人が65歳以上となる計算だ。

熱海市は第4次熱海総合計画の中で、東京五輪が開催される2020年度の目標人口を4万人としているが、実情とは大きな隔たりがある。

少子化対策とともに、郊外のショッピングセンターまで車で買い物に行けないお年寄りが、近隣で快適に過ごせる市街地へ編成など、これまで経験したことのない思い切った施策が望まれる。(編集主幹)

人口

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-8-22

    【県民の日】MOA美術館でアート三昧、北斎「冨獄三十六景」&「光琳屋敷」

    8月21日は明治9年に当時の静岡県と浜松県が合併して今の静岡県になっ…
  2. 2017-8-21

    【観光】頼朝公の武運にあやかれ! 伊豆山温泉で「さざえ祭り」開幕 

    伊豆山温泉の夏の風物詩「さざえ祭り&花火大会」が8月21日始まり、最後の…
  3. 2017-8-21

    【観光】残り少ない夏休み満喫、3万5千人が夜空見上げる 人、ヒト、ひと

    夏季熱海海上花火大会の第6弾が8月20日、熱海湾であり、3万5千人の人出でにぎわった。熱海サンビ…
  4. 2017-8-20

    【編集室】来春から「DCキャンペーン」スタート、ガイドの養成も着々

    熱海市は8月19日、まち歩きガイド養成講座(全8回)の実地研修を行った。「熱…
ページ上部へ戻る