【花】春駆け足 サンシュユ満開

熱海梅園で春の花木が次々に開花している。ポカポカ陽気で満開になったのが黄色いかれんな花「サンシュユ」。中国名の「山茱萸」を音読みにしてサンシュユと言い、秋にはグミのような赤い実がつくことから「アキサンゴ」とも呼ばれる。
毎年、梅の花がほころび始めると、後を追うように咲き出す。江戸時代中期、薬用として朝鮮半島から持ち込まれ、東京の小石川植物園と駒場薬園に植えられた。それから300年、熱海梅園でも春を代表する花として人気がある。

DSC_2932ss DSC_2930ss

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-7-24

    ブルネイ選手団 153番目に入場 東京五輪、熱海市のホストタウン相手国

    東京五輪の開会式が7月23日夜、東京・国立競技場であり、熱海市のホストタウン相手国ブルネイ・ダルサ…
  2. 2021-7-23

    「熱中対策ウォッチ カナリア」さっそく投入 炎天下のボランティア支援

    さっそく、新兵器を投入ー。熱海市は7月23日、市内伊豆山の土石流災害で土砂の撤去作業を行う…
  3. 2021-7-23

    熱海市で新たに未成年の男性がコロナ感染 感染経路は不明

    静岡県は7月23日、熱海市に住む未成年男性の新型コロナウイルス感染を確認した、と発表した。市146…
  4. 2021-7-23

    伊豆山温泉、8月20、21日の夏季花火大会も中止 土石流の影響で

    熱海市と伊豆山温泉旅館組合、伊豆山温泉観光協会は8月20、21日に開催を予定していた「伊豆山温泉さ…
ページ上部へ戻る