【花】桜が散った熱海で「日本最速の紅葉」 植物研究園のノムラカエデ

 

熱海市相の原町の新技術開発財団・植物研究園(加藤真哉園長)のノムラカエデ(野村楓)が見ごろを迎え、多くの市民が色づいた「日本一速いモミジ」を観賞しながら散策している。
野村楓は春に紅葉する珍しい樹木で園内には10本ほどあり、科学技術週間(14日~20日)期間中、一般公開している。園内ではアマギシャクナゲ、クマガイソウ、シダレモモも見ごろを迎えている。

(熱海ネット新聞)

 

 

DSC_8529ss

 

◇新技術開発財団・植物研究園

リコー三愛グループ創始者の故市村清さんの別荘「清恵荘」を改修して1991年に開園。樹木やせせらぎを自然のままに生かし池や梅林などが巧みに配された約1万2000平方メートルの園内には、300種以上の樹木・草花が植えられている。
◇一般公開
20日まで。午前9時〜午後4時。入場は無料。JR熱海駅「梅園・相の原団地方面」行きのバスで「上相の原」下車。
問い合わせは同園〈電0557(81)2656〉。

 

DSC_8549ssp

ノムラカエデ

 

DSC_8547ss

クマガイソウ

 

DSC_8538ssp

シダレモモ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  2. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
  3. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  4. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
ページ上部へ戻る