【花】桜が散った熱海で「日本最速の紅葉」 植物研究園のノムラカエデ

 

熱海市相の原町の新技術開発財団・植物研究園(加藤真哉園長)のノムラカエデ(野村楓)が見ごろを迎え、多くの市民が色づいた「日本一速いモミジ」を観賞しながら散策している。
野村楓は春に紅葉する珍しい樹木で園内には10本ほどあり、科学技術週間(14日~20日)期間中、一般公開している。園内ではアマギシャクナゲ、クマガイソウ、シダレモモも見ごろを迎えている。

(熱海ネット新聞)

 

 

DSC_8529ss

 

◇新技術開発財団・植物研究園

リコー三愛グループ創始者の故市村清さんの別荘「清恵荘」を改修して1991年に開園。樹木やせせらぎを自然のままに生かし池や梅林などが巧みに配された約1万2000平方メートルの園内には、300種以上の樹木・草花が植えられている。
◇一般公開
20日まで。午前9時〜午後4時。入場は無料。JR熱海駅「梅園・相の原団地方面」行きのバスで「上相の原」下車。
問い合わせは同園〈電0557(81)2656〉。

 

DSC_8549ssp

ノムラカエデ

 

DSC_8547ss

クマガイソウ

 

DSC_8538ssp

シダレモモ

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る