【芸妓】熱海芸妓衆が道具の「古扇をおたき上げ」 撥扇塚供養祭  

熱海温泉の春を彩る「熱海をどり」を前に熱海芸妓置屋連合組合は18日、熱海花柳界の始祖・故坂東三代吉師匠の菩提寺・大乗寺(熱海市上宿町)で「撥扇(はっせん)塚供養祭」を開いた。

 
本堂での土屋貫栄住職、土屋貫諦副住職による法事に続いて、芸妓を代表してあやめさんが「撥(ばち)や扇(おうぎ)を壊れないように大切に扱っているが、長い間には壊れて使えなくなるものもある。それらに感謝し、熱海温泉発展のため、芸妓一同これからも精進します」と祭文を読み上げ、芸妓衆40人が使えなくなった扇や三味線のばち、糸、茶道具などをたきあげ、供養した。

 
式では斉藤栄市長、内田進熱海商議所会頭、橋本一実県議、高橋幸雄市議会議長らが祝辞を述べ、およそ60人の出席者を前に西川千鶴子組合長が「今年の熱海をどりでは3人の芸妓が初めて踊る。28日、29日の本番に向け、いっそう稽古(けいこ)に励みます」と感謝の言葉を述べた。

 

(熱海ネット新聞)

 

 

◇撥扇塚

芸妓が使う三味線の撥(ばち)や扇などの道具を納める供養塔。熱海花柳界の始祖・故坂東三代吉師匠の菩提寺・大乗寺に熱海芸妓置屋連合組合が中心になって建立。供養祭は平成4年にはじまり、今年が23回目。

 

客

出席者

 

IMG_3826ss

西川千鶴子組合長

 

IMG_3864ss

撥扇を供養する熱海芸妓

 

DSC_8618SS

あやめさん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

6月
30
2017
4:00 PM 「夏越の大祓」 茅の輪くぐり @ 伊豆山神社
「夏越の大祓」 茅の輪くぐり @ 伊豆山神社
6月 30 @ 4:00 PM – 5:00 PM
「夏越の大祓」 茅の輪くぐり @ 伊豆山神社
日常生活において知らず知らずに犯している罪や穢れを、半年ごとに祓い清め、清らかな姿に立ち戻らんとする平安期から続く神事。
7月
9
2017
11:00 AM 中野津島天王祭 @ 津島神社本殿
中野津島天王祭 @ 津島神社本殿
7月 9 @ 11:00 AM – 12:00 PM
7月8日(土)宵宮祭(18:00~) 7月9日(日)本宮祭(11:00~)

ピックアップ記事

  1. 2017-6-25

    【知事選】川勝氏が3選 熱海市の投票率33・39%、県内35市町で最低

    任期満了に伴う知事選は6月25日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属で現職の川勝平太氏(6…
  2. 2017-6-24

    【観光】そうだ熱海、ジャカランダを観に行こう こんなキャッチコピーはいかが

    熱海ジャカランダフェスティバルは6月25日に閉幕するが、渚親水公園一帯のジャカランダは今まさにピーク…
  3. 2017-6-24

    【編集室】ロケ支援のカリスマ市職員、怒りのFacebook休止宣言 何が?

    熱海市のカリスマ職員として全国的に知られ、ロケ支援事業「ADさん、いらっしゃい!」を1人で担当する市…
  4. 2017-6-24

    【社寺】伊豆山神社、6月30日に「夏越の大祓」 参道階段でアジサイ見頃 

    837階段で知られる熱海市の伊豆山神社参道で、アジサイが見頃を迎えている。梅雨入り…
ページ上部へ戻る