【芸妓】熱海芸妓衆が道具の「古扇をおたき上げ」 撥扇塚供養祭  

熱海温泉の春を彩る「熱海をどり」を前に熱海芸妓置屋連合組合は18日、熱海花柳界の始祖・故坂東三代吉師匠の菩提寺・大乗寺(熱海市上宿町)で「撥扇(はっせん)塚供養祭」を開いた。

 
本堂での土屋貫栄住職、土屋貫諦副住職による法事に続いて、芸妓を代表してあやめさんが「撥(ばち)や扇(おうぎ)を壊れないように大切に扱っているが、長い間には壊れて使えなくなるものもある。それらに感謝し、熱海温泉発展のため、芸妓一同これからも精進します」と祭文を読み上げ、芸妓衆40人が使えなくなった扇や三味線のばち、糸、茶道具などをたきあげ、供養した。

 
式では斉藤栄市長、内田進熱海商議所会頭、橋本一実県議、高橋幸雄市議会議長らが祝辞を述べ、およそ60人の出席者を前に西川千鶴子組合長が「今年の熱海をどりでは3人の芸妓が初めて踊る。28日、29日の本番に向け、いっそう稽古(けいこ)に励みます」と感謝の言葉を述べた。

 

(熱海ネット新聞)

 

 

◇撥扇塚

芸妓が使う三味線の撥(ばち)や扇などの道具を納める供養塔。熱海花柳界の始祖・故坂東三代吉師匠の菩提寺・大乗寺に熱海芸妓置屋連合組合が中心になって建立。供養祭は平成4年にはじまり、今年が23回目。

 

客

出席者

 

IMG_3826ss

西川千鶴子組合長

 

IMG_3864ss

撥扇を供養する熱海芸妓

 

DSC_8618SS

あやめさん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る