【芸妓】熱海芸妓衆が道具の「古扇をおたき上げ」 撥扇塚供養祭  

熱海温泉の春を彩る「熱海をどり」を前に熱海芸妓置屋連合組合は18日、熱海花柳界の始祖・故坂東三代吉師匠の菩提寺・大乗寺(熱海市上宿町)で「撥扇(はっせん)塚供養祭」を開いた。

 
本堂での土屋貫栄住職、土屋貫諦副住職による法事に続いて、芸妓を代表してあやめさんが「撥(ばち)や扇(おうぎ)を壊れないように大切に扱っているが、長い間には壊れて使えなくなるものもある。それらに感謝し、熱海温泉発展のため、芸妓一同これからも精進します」と祭文を読み上げ、芸妓衆40人が使えなくなった扇や三味線のばち、糸、茶道具などをたきあげ、供養した。

 
式では斉藤栄市長、内田進熱海商議所会頭、橋本一実県議、高橋幸雄市議会議長らが祝辞を述べ、およそ60人の出席者を前に西川千鶴子組合長が「今年の熱海をどりでは3人の芸妓が初めて踊る。28日、29日の本番に向け、いっそう稽古(けいこ)に励みます」と感謝の言葉を述べた。

 

(熱海ネット新聞)

 

 

◇撥扇塚

芸妓が使う三味線の撥(ばち)や扇などの道具を納める供養塔。熱海花柳界の始祖・故坂東三代吉師匠の菩提寺・大乗寺に熱海芸妓置屋連合組合が中心になって建立。供養祭は平成4年にはじまり、今年が23回目。

 

客

出席者

 

IMG_3826ss

西川千鶴子組合長

 

IMG_3864ss

撥扇を供養する熱海芸妓

 

DSC_8618SS

あやめさん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

12月
21
2017
9:00 AM 献上梅寄託式 @ 市役所前
献上梅寄託式 @ 市役所前
12月 21 @ 9:00 AM – 9:15 AM
天皇陛下の誕生日に献上する梅の寄託式。今年の梅同行職員は小林容子観光経済課観光推進室長と芹澤元一秘書広報課秘書室長。梅枝の切り出しは12月19日午後1時30分~。
12月
23
2017
1:30 PM 講談「金色夜叉」 @ いきいきプラザ7階
講談「金色夜叉」 @ いきいきプラザ7階
12月 23 @ 1:30 PM – 3:00 PM
尾崎紅葉生誕150周年事業。

ピックアップ記事

  1. 2017-12-11

    【編集室】熱海ロケ映画「火花」効果 「冬の花火」に臨時バス続々

    師走の熱海を彩る「忘年熱海海上花火大会」が12月10日、熱海湾で開催された。…
  2. 2017-12-11

    【市政】火災被害者の市営住宅一時使用へ 熱海市が救済支援

    12月10日に熱海市小嵐町であった住宅火災で、熱海市が被害を受けた市民に対し、市営住宅の一時使用を許…
  3. 2017-12-10

    【観光】第30代ミス熱海「梅の女王」に増田玲未さん 梅娘、桜娘も決定

    「ミス熱海梅の女王」(熱海市観光協会主催)の発表と任命式が12月10日、起雲閣であり…
  4. 2017-12-10

    【市政】市子連が「20分なわとび」大会 市内7小学校の児童154人が交流

    熱海市子ども会育成指導者連絡協議会(市子連、須田哲義会長)は10月9日、南熱海マリン…
ページ上部へ戻る