【芸妓】熱海芸妓衆が道具の「古扇をおたき上げ」 撥扇塚供養祭  

熱海温泉の春を彩る「熱海をどり」を前に熱海芸妓置屋連合組合は18日、熱海花柳界の始祖・故坂東三代吉師匠の菩提寺・大乗寺(熱海市上宿町)で「撥扇(はっせん)塚供養祭」を開いた。

 
本堂での土屋貫栄住職、土屋貫諦副住職による法事に続いて、芸妓を代表してあやめさんが「撥(ばち)や扇(おうぎ)を壊れないように大切に扱っているが、長い間には壊れて使えなくなるものもある。それらに感謝し、熱海温泉発展のため、芸妓一同これからも精進します」と祭文を読み上げ、芸妓衆40人が使えなくなった扇や三味線のばち、糸、茶道具などをたきあげ、供養した。

 
式では斉藤栄市長、内田進熱海商議所会頭、橋本一実県議、高橋幸雄市議会議長らが祝辞を述べ、およそ60人の出席者を前に西川千鶴子組合長が「今年の熱海をどりでは3人の芸妓が初めて踊る。28日、29日の本番に向け、いっそう稽古(けいこ)に励みます」と感謝の言葉を述べた。

 

(熱海ネット新聞)

 

 

◇撥扇塚

芸妓が使う三味線の撥(ばち)や扇などの道具を納める供養塔。熱海花柳界の始祖・故坂東三代吉師匠の菩提寺・大乗寺に熱海芸妓置屋連合組合が中心になって建立。供養祭は平成4年にはじまり、今年が23回目。

 

客

出席者

 

IMG_3826ss

西川千鶴子組合長

 

IMG_3864ss

撥扇を供養する熱海芸妓

 

DSC_8618SS

あやめさん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-2-25

    3月7日の熱海海上花火大会、3月30日に延期 21日、27日は開催の方針

    熱海市ホテル旅館協同組合連合会は2月25日、3月に予定していた計3回の熱海海上花火大会のうち、3月…
  2. 2021-2-25

    熱海の宿泊客数110万人減 コロナの影響で過去最低の200万人割れ

    新型コロナウイルスの影響で熱海市の去年(2020年)1年間の宿泊客数が前年(211万9千人)より…
  3. 2021-2-25

    橋田壽賀子さんの名誉熱海市民 市議会、全会一致で同意  24年ぶり3人目

    熱海市議会2月定例会が2月24日開会し、脚本家で文化勲章受章者の橋田壽賀子さん(95)を名誉市民と…
  4. 2021-2-25

    【お悔やみ】久松久子さん(熱海市中央町)2月23日死去

    久松久子さん(ひさまつ・ひさこ)2月26日死去、70歳。熱海市中央町18の6。通夜26日午後6時。…
ページ上部へ戻る