【街づくり】網代漁港市場跡に多目的広場 来年夏に完成 熱海土木が現地説明会

熱海土木事務所は27日、熱海市の網代荷捌場(にさばきじょう=旧網代魚市場)の西側部分を「広場」に整備する現地説明会を開いた。網代荷捌場は今年1月、地方卸売市場としての機能を伊東魚市場に統合した。

県は取り壊される荷捌場西側部分約1500平方メートルの土地をコンクリートで舗装する予定で、来年3月までに着工し、夏前の完了を計画している。工事終了後、広場の施設管理者は、県から市へと移る。

地元関係者は、直売場の設置や多目的イベントに使える用途を協議している。

市場1

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-19

    今夜、「ブラタモリ熱海編」アンコール放送 NHK総合で午後7時半から

    NHK総合で今夜(9月19日)午後7時30分から「ブラタモリ熱海編」(初回放送2016年1月16日…
  2. 2020-9-19

    熱海市の「A-biz」事業、新法人で業務継続 イドムとの契約は解除

    熱海市は、熱海市チャレンジ応援センター「A-biz(エービズ)」の運営を委託してきた「イドム」(静…
  3. 2020-9-19

    65歳以上の「お達者度」 県内の男性伸び率トップは熱海市 静岡県が公表  

    静岡県は65歳を過ぎて要介護度2以上にならず、健康に過ごせる期間を算出した2017年の「お達者度」…
  4. 2020-9-19

    秋の訪れ 真っ赤なヒガンバナ、今年も彼岸の入りに見頃 熱海梅園

    9月19日は秋の彼岸入り。「暑さ寒さも彼岸まで」といわれ、夏の暑さが和らぐころとされる。熱…
ページ上部へ戻る