【観光】熱海市の昨年の宿泊者数は283万4663人 前年比7.4%増

 

去年1年間(1月~12月)に熱海市内のホテルや旅館に宿泊した人の数は283万4663人で、前年比で7.4%、前々年比で20.1%増加していることが分かった。

静岡県が全35市町の観光協会などを通じて調べたホテルや旅館などの宿泊客数をまとめて公表した。

 

県全体では1815万人で、一昨年に比べておよそ35万人、率にして1.9%増えて2年連続の増加となった。

伊豆地域は1048万3508人で前年比で12万2539人、1.2%の増加。伊東市は259万3800人で前年比で0.8%減少した。富士地域が12・1%増え、県は富士山が世界文化遺産に登録された影響とみている。
(熱海ネット新聞)

◇熱海市は年度で発表
年間の宿泊者数は熱海市でもまとめているが、こちらは年度(4月~翌3月)が単位。直近の平成24年4月から平成25年3月までの総宿泊者数は273万138人(前年比11.1%増)。

 

はと

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-8-17

    熱海市で「百八体流灯祭•送り火」3年ぶり全面点火も深刻な担い手不足

    熱海市のお盆の伝統行事「百八体流灯祭」(多賀観光協会主催)が8月16日午後8時から長浜海岸で…
  2. 2022-8-17

    「伊豆山復興」祈り込め、熱海・長浜海岸で灯籠流し 

    熱海市の長浜海岸で8月16日夜、お盆の風物詩「灯籠流し」が行われた。多賀湾に400個の淡い光…
  3. 2022-8-17

    網代温泉海上花火大会に1万人 2年ぶりのお盆開催 夏の風物詩が復活

    熱海市の網代湾で8月16日午後8時30分から、網代温泉海上花火大会(同温泉観光協会主催)が開…
  4. 2022-8-16

    伊豆山土石流 遺族らが齋藤市長を告訴・告発、市長選を前に異例の事態

    昨年7月3日の熱海市伊豆山で起きた大規模土石流を巡り、犠牲者遺族ら4人が8月16日、齋藤栄市長(59…
ページ上部へ戻る