【議会】梅原議員が新会派「梁山泊」を旗揚げ

梅原一美市議は21日、所属していた「自民党熱海創政会」を離脱し、新会派「自由民主党熱海梁山泊(りょうざんぱく)を結成した。同日、議会事務局に届け出た。1人会派で梅原氏が代表を務める。これで熱海市議会(16人、欠員1)は7会派となった。爽心会は自民系。

◇民主党・市民クラブ(4人) 山田治雄、金森和道、小森高正、鎌田武俊
◇爽心会(4人) 川口健、佐藤元昭、杉山利勝、藤曲敬宏
◇自民党創政会(3人) 稲村千尋、高橋幸雄、蛭川麻季子
◇公明党(2人) 米山秀夫、金子芳正
◇熱海市政調査会(1人) 村山憲三
◇あたみ絆の会(1人) 越村修
◇自民党熱海梁山泊(1人) 梅原一美

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  2. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
  3. 2021-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝 文豪の筆塚に玉串捧げ、熱海の平穏回復祈願

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆…
  4. 2021-1-17

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 10歳代女性と未成年者

    静岡県は1月17日、熱海市に住む10歳代女性と未成年者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感…
ページ上部へ戻る