【野球】熱海・小嵐中野球部が市長に熱海初の全国大会出場の報告 

第15回静岡県中学新人野球大会で3位に入り、来年3月に静岡市で開催される第5回全日本少年春季軟式野球大会に出場権を獲得した熱海市立熱海、小嵐中の野球部合同チームが2日、市役所を訪れ、斉藤栄市長に東部地区大会の優勝、県大会3位の報告と全国大会に向けた意気込みを語った。

熱海市立中の全国大会進出は初でめて。この日訪れたのは、部員26人の内の2年生部員11人。池田秀高監督(小嵐中)は「レギュラーが約束されてない両校の競争心が好結果をもたらしたのではないか」と分析、「全国でベスト4に入れるようにしたい」と抱負を語った。

集合写真監督

熱海・小嵐中ナインと池田秀高監督

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

ページ上部へ戻る