【野球】熱海・小嵐中野球部が市長に熱海初の全国大会出場の報告 

第15回静岡県中学新人野球大会で3位に入り、来年3月に静岡市で開催される第5回全日本少年春季軟式野球大会に出場権を獲得した熱海市立熱海、小嵐中の野球部合同チームが2日、市役所を訪れ、斉藤栄市長に東部地区大会の優勝、県大会3位の報告と全国大会に向けた意気込みを語った。

熱海市立中の全国大会進出は初でめて。この日訪れたのは、部員26人の内の2年生部員11人。池田秀高監督(小嵐中)は「レギュラーが約束されてない両校の競争心が好結果をもたらしたのではないか」と分析、「全国でベスト4に入れるようにしたい」と抱負を語った。

集合写真監督

熱海・小嵐中ナインと池田秀高監督

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-7

    「熱海市の発展に使って」市にゆかりのある夫妻が匿名で3000万円寄付

  2. 2020-8-7

    【お悔やみ】石塚周三さん(熱海市和泉)8月4日死去

  3. 2020-8-6

    熱海サンビー混雑状況 初めて「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

  4. 2020-8-6

    4カ月遅れて熱海海上花火大会 ライブ配信が奏功 生観覧は例年の約4割

ページ上部へ戻る