【風物詩】これで景気も右肩上がり、朔旦冬至は19年に1度のめでたい「冬至」  

22日は、1年で1番昼の長さが短い冬至と、新月が重なる「朔旦(さくたん)冬至」。冬至は、太陽の高度が上がっていく転機となる日。一方、新月は最も欠けた月がこれから満ちていく節目。それが重なる朔旦冬至は19年に1度しか訪れず、太陽と月がともに“復活”するめでたい日とされる。古来の宮中では祭事が行われていたという。
そのめでたい日の出を写真を収めようと、渚親水公園ムーンテラスを訪れると、日の出は午前6時48分。日の入りは午後4時35分だった。夏至に比べると、昼の長さは5時間近く短かった。(本紙天体取材班)

朝日ムーンテラス

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る