あたみ桜糸川桜まつりも15・8%減 梅まつりとの同時開幕実らず

熱海市観光協会は3月6日、第10回「あたみ桜糸川桜まつり」(1月11日~2月9日)の来場者を発表した。期間中に糸川遊歩道に訪れた人は5万7053人で前年を1万733人下回った。15・8パーセント減。最多来場者は2月2日の9883人だった。
今年は「熱海梅園梅まつり」と同じ日に開幕。「梅と桜の共演」による相乗効果を狙ったが、序盤で梅の開花が遅かったことと、暦の関係で前年より日程が1日少なかったことが響いた。新型コロナウイルスの集団感染が確認されたクルーズ船の横浜港入港前に閉幕していることから、新型コロナウイルスの影響はなかったとみられる。
ライトアップは1週間延長して実施した。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る